成人式に娘への手紙を。食事を交わしてお祝いしたい

48d8eb3ece06cdee01a597727b661666_s

成人式も近づき、娘さんの
輝かしい晴れ姿を見れる日も
近づいてきました。

一生に一度の行事ですから
娘さんにとっても親御さんにとっても
一生の思い出に残る日に
したいですよね。

今回は、そんな大切な1日を
過ごす際のヒントをお伝えします。

スポンサードリンク

成人式に娘への手紙を渡す

娘さんへ手紙を渡す機会なんてそうそうあるものではありませんよね。

お母さんはあるかもしれませんが、お父さんからの娘さんへの手紙は恐らく今後、結婚式の時以外は渡すことはないかもしれません。

そういう、一生に一度、二度の機会です。
どんなに短文であろうが、貰った娘さんはきっと喜んでくれるし、宝物としてずっと保管してくれることと思います。
普段、手紙を書かない人からしたら、いきなり手紙を書くってなかなか難しいことかもしれませんが、かけがえのない娘さんへの手紙。
書いている内に長文になってしまうなんて方もいらっしゃると思います。

娘さんに対するせきららな気持ち。
いつもは言えないけど、手紙なら言えることをここぞとばかりに書いてしまいましょう。

“実は、こうだった。”

などの、良い意味でのカミングアウトは、娘さんとの距離をより縮めてくれるきっかけになるかもしれません。
今までに言ったことのないことを思い切り言える機会ですから、この際隠してたこと。言えなかったことを洗いざらい娘さんに手紙で伝えてみましょう。

もちろん、例文なんかは載せませんので、本当の気持ちを全てご自分でお考えになってみて下さいね^^

成人式に食事をしたい

食事の予約はもうお済みでいらっしゃいますか?
成人式当日は、大体打ち上げや宴会があります。
当日に帰りを待つ親御さんは、早く帰ってきて欲しい一心かもしれません。
ですが、皆気持ちは一緒なのです。
もう、娘さんは大きくなってお酒も飲めるお年ごろ。
もちろん、そんなことはわかっていてもどうしても寂しい気持ちは拭えませんよね。

スポンサードリンク

でも、娘さんに送るメッセージは、「早く帰っておいで」ではなく、「楽しんでおいで」と、気持ちをこらえてそう投げかけて上げて下さいね。
最後に、「気を付けて帰っておいでね」と一言。

これらに関しては、お母さんは仲良くやり取りをしていても、お父さんは直接やり取りを行っている親子はなかなかいませんね。
この時に、お母さんが「お父さんも、そう言っているよ。」
と、一言添えて貰えたら、娘さんはより安心して楽しめるかと思います。

なかなか、お父さんと娘さんとの距離感は難しいもの。
でも、なにより本当は仲良くしていたいですよね。
間接的にでも、“そう思っている”ということを伝えて上げれば、より親睦も深まることと思います。

ということで食事に関しては、成人式当日以外にスケジュールを組みましょう。
成人祝いや、サプライズプレゼントはやはりこういった食事処で、非日常を味わっている時に渡した方がより嬉しいものです。
手紙を渡すだけでなく、読む時にもレストランなどの個室で読むといいかもしれませんね。

こういったワンシーンがずっとお互いの記憶に残ることと思います。
写真は、必ずしも一生残るものではありませんが、記憶は永久的に残ります。

私は、成人祝いというものをしてもらってはいないですが、やはり食事などには行きたかったという思いはあります。
むしろ、自分の方から誘ってでも連れていけばよかったなと後悔しています。
私は男ですが、子供からしたらやはりそういった気持ちは同じだと思います。
と、少しお見苦しいお話にはなってしまいましたが…

男でも女でも、少しの気持ちがあれば嬉しいと感じてくれます。
もちろん、それは近場の大衆居酒屋であろうが、即席のラーメン屋であろうが、嬉しい気持ちは一緒です。
例え仕事が忙しくても、今月はお金に厳しくても、娘さんを、息子さんを食事に連れていって上げて下さいね^^

どんなお店であろうが、気持ちは嬉しいですし、一生に残りますからね^^

まとめ

成人式は一生に一度の式典です。

20年育て上げたお子さんの今の成長を、しっかりと見届けて上げて下さい。

そして、後に後悔が残らないように大切な時間を大事にお過ごし下さい。

スポンサードリンク

どんどんシェアして下さいm(_ _)m

コメントを残す