年末の大掃除は窓拭きが大変!便利グッズで綺麗にする方法

秋になり、そろそろご家庭によっては
大掃除を意識する頃だと思います。

大掃除の中でも
“窓拭き”って大変ですよね…

寒いし、思うように綺麗にならないし。

拭いたあとは腕が上がらない…
なんてことも。

そこで、本日は窓拭きを簡単に綺麗にしてしまう
便利グッズやその方法をご紹介していきます。

スポンサードリンク

年末の大掃除の窓拭きをどうにかしたい!

窓拭きに関しては、
まずおすすめの時期としては
11月から始めることを推奨します。

12月に入ると寒いですからね(´Д`)

そして実は、窓拭きは天気のいい日より、
雨上がりや曇りの日にするほうが
空気が湿っていて汚れがとれやすくなる
そうです。

まず、窓まわりの基本的な掃除箇所として、
窓、網戸、サッシ周り、カーテンレール、
などが挙げられますね。

ここではそれぞれの箇所で使用するグッズ、
そして方法をご紹介しますので
以下を参考にして下さい。

年末の大掃除で窓拭きに便利なグッズ!

まず、窓自体を拭くのに
かなり労力を使われるかと思います。

私も以前まで雑巾で拭いていて
腕がぱんぱんになりました…

出来れば、あの重労働とも言える作業を
もっと簡単に済ませたいですよね?

そこで登場するのがスクイジー(ワイパー)です。
小さめのであれば100均でも売ってますので
そちらでも十分です。

よくゴンドラに乗ってビルの窓拭きを
やってらっしゃいますよね?
あれ、慣れたらソッコーで終わります(笑)

是非、100均に出向いて購入しましょう。
こちらは2つ購入した方が作業は楽になります。
※透明な板ガラスにのみ有効です。
表面が凸凹したガラスには不向きです。

網戸には、メラミンスポンジを使用します。
こちらも100均に売っているものですので、
効率を考え大きい物を選びましょう。

しかし、網戸に関しては
簡単に取り外せますので
大掃除では洗剤つけて丸洗いした方が
いいかもしれませんね(^^)

サッシ周りには刷毛ブラシ、または歯ブラシを使用します。
こちらも100均に置いてあります。
また、ここでは割り箸爪楊枝もご用意下さい。

ガラス枠のゴム部分は、
下部の部分がカビなどでひどく
黒ずんでいる場合、
片栗粉と塩素系漂白剤(ハイターなど)
混ぜ合わせ、洗剤を手作りしてしまいます。
後で、掃除方法は説明致します

カーテンレールでは割り箸にキッチンペーパーを
輪ゴムで止めたもの
をご用意下さい。

年末の大掃除での窓やサッシ周りなどを綺麗にする方法

まず用意するものの確認をします。

・マスク着用
・ゴム手袋(使い捨てのものを多めに)
・ドライバー(+、-)
・雑巾(多めに)
・スクイジー(ワイパー)×2
・スクイジーの先が入るバケツ
・メラミンスポンジ(大きめ)
・刷毛ブラシ(歯ブラシ)
・割り箸
・爪楊枝
・割り箸にキッチンペーパーを輪ゴムで止めたもの×2
・台所用洗剤
・片栗粉
・塩素系漂白剤(ハイターなど)
・アルカリ性の洗剤(マジックリンなど)
・バケツ

カーテンを外して、網戸を外します。

まず、ガラス枠のゴム部分が黒ずみが激しく
カビがひどい場合は、
最初にこちらから掃除をしていきます。

ガラス枠のゴム部分の掃除
1.専用の洗剤を作ります。
大さじ1の片栗粉と大さじ1弱の塩素系漂白剤(ハイターなど)
しっかりと混ぜ合わせます。

2.気になる黒カビの上に乗せて5分ほど放置します。

3.濡れたキッチンペーパーできれいに取り除きます。
放置し過ぎると、ゴムが劣化してしまいますので
注意しましょう。

スポンサードリンク

次に窓を拭きます。

スクイジー(ワイパー)を使用して窓拭き
1.窓の下部(室内側)に新聞紙を引きます。

2.バケツに台所用洗剤を数滴垂らし、
窓拭き用洗剤を作ります。ガラス用クリーナーは使用しません。
※泡立て過ぎないように。

3.ワイパーに雑巾(タオル)を巻きつけ
作った洗剤を少々浸し
窓全体を拭く。

4.拭き方はまず、最上部を横に引き
あとは順に縦に引き降ろしていくだけ。

5.もうひとつのワイパーで
同じように拭いていく。
この時、洗剤を取り除くだけなので
ゴムを傷めないように優しく

6.ゴムについた洗剤を雑巾で拭き、
再度ワイパーで拭いていく。

7.下部の拭ききれなかった部分は
雑巾でサッとひと拭き。

8.反対の面も同じように。

綺麗になりましたでしょうか(^^)

サッシ周りの掃除
1.刷毛ブラシ、または歯ブラシを
濡らさずにそのまま
土ぼこりや汚れを取り除きます。

2.掃除機の細いノズルでその汚れを
吸い取ります。

3.湿らした雑巾でおおまかに溝を拭いていきます。

4.細かい汚れは、割り箸にキッチンペーパーを輪ゴムで止めたものを
軽く湿らし拭きます。

5.さらに細かいところは爪楊枝とキッチンペーパーを
組み合わせて上手く取り除きます。

6.仕上げに、再度雑巾で拭き上げます。

最後のちょっとが気になるんですよね!(笑)

カーテンレールの掃除
1.ほこりが相当被っていることが懸念される場合には
まずそーっと掃除機を当てて
ほこりを吸いとってしまいましょう。

2.レールの角が外れるものは、
プラスドライバーで角を取り外し、
カーテン滑車を取り外します。

3.バケツに塩素系漂白剤(ハイターなど)を入れ
カーテン滑車はつけおきしておきましょう。
30分ほどつけおきし、忘れずに取り出しましょう。

4.レールの溝などは、割り箸にキッチンペーパーを輪ゴムで止めたものを使用し
拭いていきましょう。

5.アルカリ性の洗剤(マジックリンなど)を使用し、
雑巾で全体を拭き、その後水拭きしましょう。

カーテンレールの汚れは、カーテンへ移りやすいだけでなく、
ほこりやごみが水分を含むことで、カビも発生しやすくなります。
大掃除でだけでなく、定期的に掃除してあげると
いいかもしれません(^^)

さきほど取り外しと示しましたが、
ここでは、取り付けた状態での掃除方法をご紹介します。

網戸の掃除
1.バケツに水を入れます。

2.メラミンスポンジを軽く水に浸し
網戸に軽く優し~くあてがいます。

3.あとは下に軽くしなやかにこすり下げます。
赤字のとこ重要!

4.縦、横の動作、順番は任意にお任せします。
拭いた面が黒くなったらその都度
水でスポンジをもみ洗いしましょう。

5.スポンジに水を浸し過ぎたら
雑巾で拭きとって上げましょう。

6.下にスポンジカスが落っこちてると思うので
こちらは掃除機で吸いとっちゃいましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
簡単に綺麗にすることが出来ましたか?(^^)

いつもと違った作業方法と便利グッズを使用することで、
その作業効率は格段にアップします。

是非、毎年の苦行を楽しく出来るように
今回紹介した方法を取り入れてみて下さい♪

スポンサードリンク

どんどんシェアして下さいm(_ _)m

コメントを残す