秩父夜祭2016の花火大会の日程は?駐車場や穴場スポットはあるの?

秩父夜祭

京都祇園祭、飛騨高山祭に並び
日本三大曳山祭の一つに数えられる
“秩父夜祭”。
300年有余年余りの歴史を持つ
とても大きなお祭りです。

埼玉県の秩父駅周辺地域で開催されております。

毎年冬の時期に行われており、
冬にお祭りをやる所は数少ないので
お祭り好きな方には嬉しいですよね(^^)

そしてこのお祭りには見どころがたくさんあります。

屋台・笠鉾(かさぼこ)と呼ばれる
6基の山車(だし)
が街中を曳き回す勇壮な様、
それをバックに華麗な花火の打ち上げ

また、山車は6基ともに
それぞれの特徴があり、
巧みな技術によって施された彫刻と
金糸をあしらった後幕の刺繍には

初めて山車を見た方も
その偉大さに圧倒されて感銘を受けること
間違いなし
です。

本日は、その中でも
秩父夜祭の花火大会を見たいという方に向けて
記事を書きましたのでご参考に
なさって下さい。

スポンサードリンク

秩父夜祭2016の花火大会の日程は?

“秩父夜祭り”では
12月2日の宵宮(よいみや)、
12月3日の大祭の二日間からなります。

これは昔から変わらず、
長年の歴史を誇るお祭りですので
“日”を重んじている為に
曜日に関係なく決まっているそうです。

2016年の今年は3日の大祭が土曜日ですから、例年より混雑が予想されますので注意が必要です。

交通案内図を見て、どこが通行止めになっているかなどをよく確認しておきましょう。

2016年度 行事案内図

2016年度 交通案内図

※クリックで画像が開きます。

そして見どころの花火大会は
二日間開催されますが、
2日は花火打ち上げは午後8時頃に終了ですので
3日がメインとなります。

3日の大祭では、19時半頃から
花火師の精鋭達による花火競技から始まり、
22時頃まで華麗な花火をご覧になれます。

終了間際、ラスト5分のフィナーレは
大変見もの
ですよ~(^^)☆

ちなみに、花火自体はお昼頃から
ずーっと打ち上がっているようですので、
早めに着いた方は明るい内からの花火も
楽しめますよ♪

もちろん暗くなってからの方が
おすすめです。

秩父夜祭の花火大会って駐車場とかあるの?

駐車場に関してですが、
お祭り開催期間中は
近くの小中学校、道の駅などを特別開放しています。

3日は普通車が1台500円にて
利用出来ますが、
やはり花火打ち上げ会場近くの駐車場は
すぐに満車になってしまうので、

「花火を近くで見たい!」

という方は、
見終わったあとに駐車場まで
歩くの、大変ですよね…。

そんな方は、午前中(10時頃までが一番ベスト)までに
お越しになればほぼ間違いなく
近くの駐車場はゲット出来ます
ので
渋滞なども懸念して早めに来ておきましょう。

スポンサードリンク

カーナビ入力の際は
「秩父市役所」埼玉県秩父市熊木町8-15
を利用されればいいかと思います。

午前中からきても、
山車の曳き踊りや「おねり」と呼ばれる
歌舞伎などもご覧いただける他、
郷土料理などの即売も行っているので
手を余してしまうことは
ないと思いますよ♪

しかし、どうしても午前中までに
会場まで来れない…
という方は

当日は夕方ちかくになると、
会場付近の通行止めも相まって
大渋滞が予想されます。

夕方近くに車でお越しをお考えの方は、
電車を利用されることを強くおすすめします。

電車でのアクセスは
12月3日分のみ、西武鉄道から
臨時特急電車の特急券が発券されます。

当日の1ヶ月前からお買い求めが出来ますので
ご本人様のお住まいの地域を確認して、
西武線特急券発売駅の窓口、または
JTB各店舗にて購入致しましょう。

また、1ヶ月前からインターネット予約も
可能ですので、お時間取れない方は
インターネット予約をした上で
後ほど指定の引き換え場所に
受けとリに行くという手段も有効です(^^)
(予約をしてから8日以内までの受け取り)

こちらはお帰りの際は
23時頃まで運行しておりますので
花火大会も最後までお楽しみいただけますよ♪

往復分の特急券を早めに
ゲットしておきましょう!

秩父夜祭花火大会の穴場スポットを知りたい!

当日の花火は、羊山公園という
秩父市街を一望できる小高い丘の上から
打ち上げますので
周辺地域からは基本的に
どこからでも見れるというのが魅力的です。

ですので、多くは街中から
花火見物をする方が多いようです。

おすすめの穴場としては
羊山公園近くの車道規制中の
国道140号

こちらは夜店が立ち並ぶ場所は
大変混雑しておりますが、
少し離れた箇所に行くと
夜店がなくなってきて
空いている箇所がありますので
そちらの方が見やすいかと思います。

もうひとつは、サンクス秩父上野町店
こちらは打ち上げ場所の
羊山公園近くなので
音と同時に近くから花火を
楽しめます♪

ただ、近すぎてずっと見上げているのが
きついかもしれませんね^^;

こちらは混雑が懸念されますが、
近くで見たい方は必見です。

まとめ

冬のお祭りですので、
日中は暖かかったとしても
夜になると大変冷え込みます。

例年ですと、平均で5℃とかですので
必ず防寒対策をしておきましょう。

特に、花火を見ている間は
動かない分どんどん身体が
冷えてきてしまいますからね…

これでもか!っていうほど
ホッカイロを用意しましょう。

手袋やマフラーもあるといいですね♪

是非、この機会に冬のお祭りを
楽しんで下さい(^^)

スポンサードリンク

どんどんシェアして下さいm(_ _)m

コメントを残す