母の日に義母へ送るメッセージカード例文と手紙の書き方

母の日に、お義母さんに手紙を上げたい。
メッセージはどんな内容がいいかな。
書いてはいけない内容とかはあるの?

毎年、5月の第2日曜日は母の日
自分のお母さんにもプレゼントを贈りますが、自分のパートナーのお義母さんにも何かプレゼントを渡したい。
そんな時、メッセージカードや手紙も付けたいですよね。

今回は、メッセージカードの例文、手紙の書き方、書いてはいけないタブーな内容などについてご紹介していきます。

スポンサードリンク

母の日 義母へ送るメッセージカードの例文集

1d57c154798b8b997e09843271654e3e_s

最初の章では、貰ってすぐに見れる“メッセージカード”に書く一言についてまとめました。
もちろん、メッセージカードと手紙は別物ですよ~^^

文頭に、「おかあさんへ」と書く際ですが、人によっては漢字で「お義母さん」と書くと、距離を感じてしまう場合もあるようです。
お義母さんとのお付き合いの度合い、年にどれぐらい会っているかなどを考えてみましょう。
もちろん、義母だからと言って、「お母さん」と書いても問題はありません

無難なのは、平仮名で「おかあさん」と書くことです^^

メッセージカード 例文集

【例文1】
いつもありがとうございます。
母の日に寄せて、感謝の気持ちを贈ります。

【例文2】
これからもまだまだ面倒をおかけしますが、よろしくお願いします。
身体に気を付けて、元気で長生きしてください。

【例文3】
いつもありがとうございます。
いつまでも若く美しく、そして元気でいてください。

【例文4】
いつもありがとうございます。
感謝の気持ちを込めて、心ばかりの品を贈ります。

【例文5】
いつも気にかけて頂きありがとうございます。
感謝の気持ちを込めて、2人で一緒に選んだ品を贈ります。

【例文6】
いつもありがとうございます。
感謝の気持ちを込めて、◯◯さんと一緒に選んだ品を贈ります。

メッセージカードには、簡単な2、3行の文で気持ちを伝える必要があります。
ですが、そんなに難しいことを書く必要はありません。

ここでは、一目で気持ちが伝わる内容を書いて上げて下さいね^^

では、次に手紙の書き方について見てみましょう。

母の日 義母への手紙の書き方

普段なかなか言えない感謝の気持ちなどを伝えたい場合、手書きの手紙はかなり有効な手段です。
これが電子メールやLINEなどではなかなか伝わりづらい部分もありますからね^^;

特にたまにしか義母と会わないのであれば、必ず手書きのお手紙を渡しましょう。

まず、手紙を入れる封筒には、旦那さん(彼氏さん)や奥さん(彼女さん)のお名前を一緒に書きましょう。

手紙の封筒の書き方 (例)

【表】

【裏】

手紙は、1枚に収まるぐらいがちょうどいいですね^^
2枚書いたらもっと喜んでくれるかもしれませんが♪

書き方としては、まずは日頃の感謝の言葉を書きましょう。
金銭面、生活面(野菜や果物を送ってくれたり)、アドバイス(子育て、料理など)、子供の面倒(お子さんがいる場合)など、お義母さんが普段私たちに“何をしてくれているか”考えて書いてみましょう^^

それを書いたら、渡すプレゼントを選んだ経緯を書いたり、今後一緒に旅行に行きたい、などの思いを書くと喜んでくれると思います。

実際に、例文を見てみましょう。

母の日 手紙の書き方【例文】

お母さんへ
お母さん、いつもありがとうございます。。
新鮮な野菜や果物、◯◯さん(パートナーさんのお名前)と美味しく頂いています。
本当に感謝しています。

先日は、◯◯(お子さんのお名前)の面倒を見て頂いてありがとうございました。
◯◯も、すごく楽しんでいたようで
「次、いつおばあちゃん家に行くの~?」
と、またすぐにお母さんに会いたがっています。

今回選んだプレゼントですが、◯◯さん(パートナー)と2人で一緒に選びました。
気に入って頂けると嬉しいです。

また、時間に余裕を作り、一緒に旅行に行きたいなと考えているのですが…
温泉旅行なんてどうでしょうか?
楽しい思い出を、是非作れたらなと思います。

今度遊びに行く時、◯◯(子供)もまた一緒に連れて行きます。
お身体に気を付けて、元気にお過ごし下さい。

これで、手紙1枚分ぐらいです。
最初の部分は、自分が何に対して感謝をしているのか、具体的に書くといいですね^^
それと、子供の反応も書いてあげると、とても喜んで頂けます。

では次に、これだけは書いてはいけない…。
タブーな書き方を見てみましょう。


スポンサードリンク

母の日 義母への手紙の書き方【タブー編】

まず、前述でもお話した通り、「お義母さん」はタブーとします。
やはり、どんなに手紙の内容が親密で、仲良さ気に書いていたとしても、この「義母」という文字がそれを打ち消してしまいます。

それと、旦那さんなどのパートナーの名前を書かない。
これもタブーです。
それと、いつもの呼び名で書くのもあまりおすすめしません。

一番は、◯◯“さん”と、普段は呼ばないにしても、“さん”付けで書くようにしましょう。
自分のキャラに合わないにしても、これを書いておくことで
「あ~しっかりしているなぁ」
と思って貰えます。

ここで、いちいち
「嘘くさい…」
と思う姑さんもいないでしょう(笑)

それと、タブーなのは…
一番ここが大事なのかもしれませんが、
誤字脱字はやめましょう^^;

漢字の間違いなども、ちょっと読み手としては、あれ?
と思われてしまいます。
気持ちをストレートに伝えるには、読んでる途中で突っかかってしまう文章を書いてはダメなんです。

まずは誤字脱字と、漢字の間違いがないかのチェックは入念に行いましょう^^

【チェック項目】
  • お義母さんはタブー
  • パートナーの名前は“さん”付けで
  • 誤字脱字、漢字間違いがないか

さいごに

母の日、義母へのプレゼントと手紙はやはり気を使うものですよね。
向こうからしたら、そんなに気にしなくていいのに。
と思っていたとしても、こっちからしたらそうは行きません。

メッセージカードの一言と、手紙の書き方はとても大事です。
これからも良好な関係を築いて行くためにも、メッセージと手紙は毎年贈りましょう^^

スポンサードリンク

どんどんシェアして下さいm(_ _)m

コメントを残す