インフルエンザ予防にマスクや手洗いの効果はあるのか 除菌スプレーとは?

インフルエンザ予防でマスクは
かかせませんね。

一番手軽に出来るので
誰もが実践している予防法では
ないでしょうか。

しかし、あなたのつけているマスクは本当に
効果がありますか?

付けているから安心。

ではなくて、今一度マスクの
使用方法を見ていきましょう。

スポンサードリンク

インフルエンザ予防にはマスクが効果的?

まず基本的なことから
お話します。

インフルエンザウィルスの大きさは
一般的に、0.08~0.12μmと言われています。
乾燥した空気を好み、逆に湿度が高いと活動が鈍ります。

一方、私達が普段付けているマスク。
ガーゼタイプの使い回しが出来るものと、
不織布マスクと呼ばれる使い捨てのものが
ありますね。

推奨されているのは「不織布マスク」。
こちらの網目の大きさは一般的なもので
およそ5μm

あれ…

ウィルス=約0.1μm
マスク=:約5μm

「余裕で通り抜けちゃうじゃないか!!」
そうなんです。

しかも、市販のマスクが必ずしも
自分の顔の輪郭にぴったりフィット
する訳ではありませんから、

どうしても顔とマスクの間には
隙間が出来てしまいます。
いわゆる空気感染をしてしまいますよね?

「じゃあマスク意味ないじゃん」

とんでもない!!

マスクを使用する意味はそこではありません。

上記にも示しましたが
インフルエンザウイルスは

“乾燥した空気を好み、逆に湿度が高いと活動が鈍ります”

です。

マスクは付けることによって、
乾燥した喉・口内を湿度の高い状態に
保つことが出来る
のです。

また、感染者の咳やくしゃみなどからは、
マスクを使用することによって
ほぼ防ぐことが出来ます

飛沫感染(ひまつかんせん)”と呼ぶのですが、
インフルエンザの感染原因の一つですので
マスクが大変有効なことがわかりますね(^^)

スポンサードリンク

インフルエンザ予防はマスクの他に手洗いも有効?

インフルエンザの感染経路は飛沫感染の他に、
接触感染”があります。

これは、感染者が咳やくしゃみを手で抑えることで
手にウイルスがつきます。
その手で電車のつり革やドアノブ、
照明のスイッチなどを触り、それを
自分が触ってしまうとウイルスがつきます。

その手を洗わずにおにぎりやお菓子を
食べると…

自分の体内にインフルエンザウイルスが
入り込んでしまう訳ですね。

なので、手洗いは非常に重要です。

重要な順に言うと

1.マスク
2.手洗い





3.うがい

ぐらいです。

マスク、手洗いをしっかりしていれば
ほぼ予防出来る
といっても
過言ではないでしょう。

帰宅時だけでなく、
調理の前後、食事前など
こまめに石鹸で洗いましょうね(^^)

腕時計などを外し手首も入念に
また、爪など長い場合はそちらも必ず
切っておき、指と爪の間も入念に洗いましょう。

インフルエンザ予防にはマスクにスプレーを吹付けよう!

最近では、マスク効果を高める為に
マスクに直接吹き付ける除菌スプレー
販売しております。

こちらも使用することで
その予防効果はより大きなものに
なります

トーワから販売されている
「マスク用スプレー液」では、
インフルエンザウイルスが
商品の除菌成分であるリバルスに接触直後、
感染力が10分の1に低下したそうです。

かなり予防効果が見込めますね(^^)

また、アロマスプレーなども
あるみたいですので
ずっとマスクをしている上で
そういった消臭・除菌
徹底していきたいですね♪

まとめ

マスク・手洗いがインフルエンザ予防には
有効なことがわかりました。

マスクは同じものを一日中付けるのではなく、
一日に2、3回新しいものに変えましょう。

また、マスクを頻繁に触る行為も
控えた方がいい
ですね(^^)

外出時は、常にインフルエンザウイルスのことを
意識して行動するように心掛けましょう。

スポンサードリンク

どんどんシェアして下さいm(_ _)m

コメントを残す