冬の頭皮の乾燥のかゆみはシャンプーが原因?対策を打って潤いのある頭皮に!

冬の乾燥時期になると、
頭皮が乾燥してしまう方が多いのが現状です。

「かゆくて我慢出来ない!」

「フケがぼろぼろと落ちて…」

などで、人目を気にしてしまったり
しまいますよね…

今回は、そのかゆみやフケの原因と対策を
ご紹介しますのでご覧下さい。

スポンサードリンク

冬の頭皮の乾燥によるかゆみやフケの原因は?

まず、大きく分けると原因は
2つに分類されます。

・頭皮の水分保湿率が低い
・皮脂の分泌量が少ない

簡単に言いますと、
頭皮の水分と油分が
足りてない状態
ということです。

ではまず、水分が原因の場合を見ていきましょう。

  • 頭皮の水分が足りない原因は?

まず、直接的な要因を言えば、
ドライヤーの熱による頭皮の乾燥があります。
早く乾かす為に、
高温のドライヤーを頭皮に近づけて
髪を乾かしている方は要注意!!

そもそも、頭皮とは顔などに比べ
水分含有量が少ないのです。

ドライヤーを使用する時間を短くするために、
タオルドライは入念にしっかりとしましょう。
この時、ゴシゴシ拭くのではなく
優しく叩いて、撫でるように拭いて下さいね(^^)

内部的要因を挙げるとすると、
栄養不足が挙げられます。

ビタミンやミネラルなどの栄養素が不足すると、
お肌はもちろん、頭皮や髪も傷んでしまいます。

特に頭皮に重要な栄養素がビタミン。
その中でも、ビオチンがずば抜けて効果的です。

こちらは皮膚や頭皮の代謝を活発化し、
髪の寿命をのばすという効果まであります。

ビオチンが含まれる主な食材としては、

・あさり
・ししゃも
・バターピーナッツ
・たらこ(生)
・かつお節
・鶏肝臓
・黒砂糖

などが挙げられます。

また食材からではなかなか
摂取が難しいので、
サプリメントを摂取することが
望ましいです。

サプリメントと言っても
かなりの商品数がある為
選択に迷いますが、ヒントとしては

海外製品の物は国内のサプリメントに比べ
その有効成分の含有量が、多いもので
50倍もの成分を含有しているサプリメントも存在します。

「正直怖い…」
と思われる方は、国内の代表的なメーカーである
ネイチャーメイドから発売している、
マルチビタミン&ミネラルサプリ
から購入してみるのもいいですね(^^)

次に油分不足の原因を見てみましょう。

  • 頭皮の油分が足りない原因は?

これの主な原因は
“髪の洗いすぎ”です。

フケなどが出ると
頭皮が汚いものだと思い込んでしまい、

「もっと入念に洗わないと!」

と、髪を必要以上に洗い過ぎてしまう傾向にあります。
それにより、本来であれば必要な皮脂までも
洗い流してしまう
結果になり
乾燥が起きやすくなってしまうのです。

必要な皮脂とは、ある意味
“頭皮のバリア”のようなもの。

ですので、バリアがなくなってしまった毛根に
細菌などが入り込み、
それがかゆみや炎症、またフケの原因になってしまう
のです。

スポンサードリンク

さらに、油分不足がゆえに身体は、

「やばい!油分が足りてないぞ!
もっと油を出さなきゃ!」

と反応してしまい、油分過剰分泌という
結果にもなってしまいます。

こうした事態を防ぐ為にも
次項でしっかり確認しておきましょう。

冬の頭皮の乾燥はシャンプー次第で解消出来る?

洗い方ももちろん大切ですが、
使用しているシャンプーにもご注意下さい。

基本的には、シャンプーには
「界面活性剤」が使用されています。

界面活性剤とは、
例えば水と油のような反発し合う成分を
混ぜ合うことが出来る性質
をもっています。

ですので、あらゆる洗剤や化粧用品にも使用されており、
界面活性剤とは薬品関係に欠かせない
成分なのです。

しかし、この中で注意しなければならないのが
「石油系の界面活性剤」です。

性質だけでみるとこれは
とても優れているのですが、
それと同時に肌への刺激もとても
強い
のです。

したがって、「石油系の活性剤」の入った
シャンプーを使用することは
断固おすすめできません。

頭皮の乾燥にお悩みであれば
低刺激性シャンプーを使用しましょう
(^^)

そしてそれを使用しただけでは
もちろん改善は見込めません。

やはり、“洗い方”が重要です。

手順をまとめましたので
以下をご覧下さい。

洗い方の手順
1.洗う前に、シャワーで入念なすすぎをする。
(1~2分程度)

2.シャンプーはポンプ1回量のみ使用。

3.まず、シャンプー剤を手で泡立ててから
頭皮に移す。
(水分はシャンプー剤と同等量)

4.頭皮の根本まで洗浄されていることを意識しながら、
指の腹で優しくマッサージするように洗浄。
(3分目安)

5.シャワーで入念にすすいでいく。
(2~3分)

6.タオルドライもしっかりと優しく

上記でも示しましたが、
やはりドライヤーの熱による乾燥を防ぐために
タオルドライはしっかり
していきましょうね(^^)

そしてシャンプーは一日一回までにしておきましょう。

冬の頭皮の乾燥対策は結果的にどうすれば…

結果的には、人それぞれの状況がありますので
一概には言えませんが、
上記に示した原因に
なんとなく当てはまっているものを
見当してみて下さい。

そして今回ご紹介した対策を打って
その効果を自身で実感してみましょう。

ちなみに、私の場合は
“洗い過ぎ”が原因で
洗い方を変えただけで乾燥から
脱出できました。

是非、ご自分に合った対策法を
見つけてみて下さい
(^^)

まとめ

・栄養素「ビオチン」を、食材や
サプリメントから摂取

・シャンプーを変える

・洗い方を変える

・ドライヤーによる乾かしを
抑える

上記の対策法があることがわかりましたね。

これらは今すぐに効果が
期待できないものもありますが、
対策を打たない限り
一生付き合っていかなくてはいけない
可能性もあります

是非ここで一度、自分に合った対策を
検討してみて下さいね♪

※サプリメントの摂取は、購入した商品の
注意事項をよく読み、正しい摂取方法をお取り下さい。
多く摂ればいいというものではございませんので
あしからず…

スポンサードリンク

どんどんシェアして下さいm(_ _)m

コメントを残す