潮干狩りでの子供の服装や持ち物は?子供連れで行く時の準備

  • そろそろ潮干狩りシーズンです。
    お子さんと一緒に行く潮干狩りは特に注意が必要ですね。

    夏も近づいてきていますから、なにかと紫外線対策も必須。

    そこで今回は、子供の服装や持ち物。
    子供連れの時の準備など、当日までに用意しておくものをまとめましたので、是非参考にして下さい^^

    スポンサードリンク

    潮干狩りでの子供の服装

    ◆潮干狩りでの子供の服装
    • 水着
    自宅で服の中にあらかじめ着せておいてあげましょう。
    現地では、そのまま服を着た状態で遊ばせてあげます。

    子供は転んだりしてすぐにびしょびしょになるので、お子さんの着替えは2~3枚あると便利ですよ^^

    • 帽子
    首の後ろにひらひらのついた帽子がオススメです。
    潮干狩りや泥遊び中はずっと下を向いている為、首の後ろが最も日に焼けます。

    また、海岸で風が強い日もあるので、飛ばされてしまわないようにゴム付きの帽子を用意した方がいいです。

    迷子対策として、ちょっと派手目の帽子を被せるのもいいですね♪

    • 長袖
    出来れば、日焼け対策として長袖の着用をオススメします。
    水に濡れれば体感温度も低くなるので、最初は暑くて嫌がっても、水遊びしている内にお子さんも気にならなくなると思います。

    潮干狩りシーズンはまだ夏前と言えど、天気が良ければ紫外線対策も欠かせません。
    ですから、水着だけでいいぐらいの気持ちのいい天気でも、せめて半袖ぐらいは着せてあげた方が子供も日焼け後の痛みに悩むことはないかと思います。

    • 軍手・ゴム手袋

    (子供用軍手) ジュニア滑止めグローブ 綿100% 2双組 (3S(3~4歳目安))

    素手で潮干狩りをすると、貝殻で手を傷付けてしまう恐れがあります。
    大人でも手を切ってしまう人もいるぐらいなので、子供ならなおさら注意が必要ですね。

    軍手さえあれば大丈夫かと思いますが、ゴム手袋があればより安心です。

    でもお子さん用のゴム手袋って、なかなか売ってないんですよね^^;
    念の為に載せておきます。

    ショーワ ナイスハンドプティ XSサイズ NHPT

    紹介している商品は、

    ・8歳の女の子でちょうどいい
    ・小学1年生にはやはり少し大きい

    とのレビューがありましたので、小さいお子さんにはちょっと微妙かもしれませんので参考までにです。

    • マリンシューズ
    長靴ですと、どうしても中に水が入り込んで不快になってしまいます。
    また、足元が悪いのでサンダルもNGです。

    一番いいのはマリンシューズですが、なければ靴下を2枚履きさせて遊ばせましょう。

    裸足だけは怪我の恐れもあり危険ですので、絶対にやめましょう!

    クラゲや、場所によっては毒持ちのエイなんかもいたりするので…

    ちなみに靴下の良い所は、足先の感覚で貝を見つけることが出来る所です。
    これは、靴下1枚分で試した方がいいので、親御さんが潮干狩りをやる際の参考にして下さい^^

    ◆あると便利なもの

    当日の天気にもよりますが、レインコートカッパがあると便利です♪
    どうしても、長時間水に浸かっていると身体が冷えてきてしまう恐れもある為に、定期的にお子さんの様子を確認して体調チェックをしてあげて下さいね^^

    曇りがちな天気なら、絶対に持って行きましょう。

    潮干狩りでの子供の持ち物や遊び道具

    私たちにとっては潮干狩りがメインですが、子供にとってはそんなことはどうでもいいのです(笑)
    最初は潮干狩りに夢中になっていても、いずれは飽きてしまうもの。

    そんな時に、絶対に必要なのが子供の遊び道具ですね♪

    ◆潮干狩りでの子供の遊び道具や持ち物
    • 熊手(くまで)
    潮干狩りに必須の熊手ですが、子供用には先の丸いおもちゃの熊手を用意しましょう。
    100均に行けばいいのが手に入ります^^

    • お砂場セット
    116729

    上記の熊手に追加して、日頃公園の砂場で遊んでいるお砂場セットがオススメです。
    バケツやシャベルなども100均で揃えられます♪

    • お菓子
    たくさん遊んでお腹が空いたら、お菓子があると子供は喜びます。
    しかし、なるべく素手で触れることのないようなお菓子を選ぶといいですね。

    お手拭きなどで拭いても完全に汚れは落としきれませんから、例えばうまい棒のように袋に入った状態で手軽に食べれるお菓子がオススメです^^

    • 迷子ブザー

    ランドセルなどによく付いているアレです。
    防水加工は施されていないと思うので、スマホの防水ケースなどを代用してそこに入れて、お子さんの首からかけてあげましょう。

    • 犬用のリード
    迷子が心配なお子さんでも、これなら100%大丈夫です(笑)

    5mぐらいあれば十分な範囲なのではないでしょうか。
    これで、自分と子供を繋いでおけば間違い無し!

    本来、子供が気になってついつい何度も後ろを見てはいることを確認して…
    ということを繰り返すと思いますが、このリードさえあれば大丈夫!
    安心して潮干狩りに集中出来ますよ^^

    • 子供用 日焼け止めクリーム
    お子さんは肌が荒れやすい年頃です。
    特に肌トラブルの多いお子さんなら、“ノンケミカル”の日焼け止めをオススメします。

    日焼け止めの中には、肌荒れが起きやすいと言われる紫外線吸収剤が入っているものがあります。
    しかし、ノンケミカルの日焼け止めならその成分が入っていない為、安心してお使い頂けます^^

    購入される際は、肌に優しいノンケミカルのものを選びましょう♪
    効果は数時間しか持ちませんので、休憩毎になどこまめに塗ってあげるようにしましょう。

    • 着替え

    現地に1日中いるのなら、お子さんの着替えは最低でも3枚は持って行った方がいいです。
    というのも、休憩中にお子さんが、濡れてて嫌だ!
    と言って着替えたくなったりした場合に、その度に新しい着替えを着せていると替えがすぐになくなってしまいます。

    電車移動とかだとかさばって大変かもしれませんが、着替えは多く持って行った方がいいですね^^

    • 親御さんのゴム手袋

    これがですね、使い捨てのものでお徳用の何十枚も入ったやつを持って行くとかなり便利ですよ^^

    というのも、お子さんが近くにいるとすぐに

    「ママ、鼻水~」

    「お腹空いた~」

    「喉乾いた~」

    とぐずってしまいます。
    そんな時に、泥だらけの汚い手を一回拭いて…
    が煩わしいですよね。

    その場合は、使い捨てのゴム手袋を捨てて、乾燥した綺麗な手でサッとやることを成せる。
    また潮干狩りに行く際は新しい使い捨てのゴム手袋で!

    このローテーションが絶対にオススメです!^^

    • タオルやお手拭き

    休憩中身体を拭いたり、お菓子などを食べる時に使用しましょう。

    • 絆創膏・消毒液
    気をつけていても、万が一ということがあります。
    もし怪我してしまった場合にすぐに対応出来るように最低この2つは持って行きましょう。


    スポンサードリンク

    潮干狩り 子供連れで行く際の準備!

    紫外線対策が大事な時期です。

    子供連れじゃなくても、あるとかなり便利なオススメのグッズをご紹介します。

    潮干狩りであるとかなり便利なグッズ
    • ビーチパラソル

    これがあるとないとでは大違いです。
    でも、ビーチパラソルって持ってないと、

    なんかレンタル専用なイメージとか…
    すごく高いイメージ持っていませんか?

    実は、あれ意外と安く手に入るんです。
    パラソルと、下のスタンドの2つ合わせても3,000円程度です。

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) マイバディーUVカットパラソル200cm グリーン M-1573

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) パラソルベーススタンド ホワイト M-7140

    と、合わせてレジャーシートも必須です。
    小さな椅子でもいいですね♪

    車で行く方なら買って損はない物ですよ♪
    電車だと荷物が多くなって大変かもしれませんが^^;

    • ざる・かご
    これは必ず、網目の小さすぎないものを選びましょう。
    とても参考になる動画があったのでご紹介します^^

    参照:海の公園潮干狩り 2014Apr.20

    1:27秒あたりから、かごを使って砂を振るうシーンがあります。
    このぐらいのサイズのかごがベストです。
    100均に行けばこのようなかごが売っているはずですので、是非探して見てください^^

    209299

    ざるやかごに取った貝を網に分けます。
    種類別に分ける為に、網は3つぐらいあると便利です。

    玉ねぎやみかんの入っていたネットなどでも代用出来ます。

    • 折りたたみ脚立

    上記の動画で出てきたのですが、45秒ぐらいから折りたたみの脚立が出てきます。
    これがあると非常に便利です。

    折りたたみ踏み台 39cm セノ・ビーじゃんぼ君 ブラック 10107

    大体40㎝ぐらいは欲しいですね^^
    これがあれば、お子さんが呼んでもすぐに立ち上がって行動に移せます!

    また、簡易的なものなら100均にも売っているので探してみて下さいね^^

    • クーラーボックス
    これはあると便利というか、必需品ですね。
    貝は温度が上がると傷んでしまいます。

    帰りの道中、貝が傷んで死んでしまっては、せっかく取った貝を捨てなければなりません。
    死んだ貝を食べると食中毒などにかかる危険性もありますからね。

    ですから保冷剤を入れて、しっかりと熱を遮断しましょう。

    • そり
    238192

    そりがあれば、あさりを取った際に移動がかなり便利になります。

    “雪の上”が“海の上”みたいな感じですね。

    そりに潮干狩りの道具や、取ったあさりを入れて移動したりと自由に使用しましょう^^

    • ペットボトル(2L)

    砂抜き用に1本と、飲み物として1本あると便利です。
    砂抜き用には海水を入れましょう。

    現地には、蛇口から海水が出てくる場所もあるのでそこから入れます。
    真水より海水の方が砂抜きに適してるので、是非持ち帰りましょう^^

    • ゴミ袋

    あるだけ便利です。
    かさばらないので、枚数は余計に持っていきましょう。

    さいごに

    お子さん連れで心配なのが、なにより迷子ですよね。

    ですが、犬用のリードさえあれば迷子の心配はありません。
    ですので、他に心配な紫外線対策や、飽きてしまった時のおもちゃやお菓子を入念に考えておきましょう。

    当日は、ご自身も日焼けに十分注意して目一杯楽しんできて下さいm(_ _)m

    スポンサードリンク
  • どんどんシェアして下さいm(_ _)m

    コメントを残す