足立の花火大会の混雑を回避した穴場スポット5選!場所取りは何時から?

都内屈指の人気を誇る、足立の花火大会。
全国的に見ても、その人気の高さは上位に位置付けされます。

10,000発を越す打上数を、たったの1時間で打ち上げる密度の濃さと、様々な種類の花火を打ち上げるのも人気の秘密です。

その為、混雑は必至です。
今回は、そんな足立の花火大会での混雑をなるべく避けたおすすめの穴場スポット、場所取りの時間帯などをお伝えしていきます。

スポンサードリンク

足立の花火大会 2016の日程は?

まずは、今年2016年足立の花火大会の基本情報から見ていきましょう。

足立の花火 基本情報

【開催日】
2016年7月23日(土曜日)
※荒天の場合は中止

【打上時間】
19:30~20:30

【会場】
荒川河川敷(東京メトロ千代田線鉄橋~西新井橋間)の千住側(堤南:正面)と西新井側(堤北:裏側)

【打上数】
約13,500発

【来場者数】

40万人

【アクセス・最寄り駅】

(荒川河川敷会場より北)

・東武スカイツリーライン
梅島駅、五反野駅、小菅駅

・日暮里・舎人ライナー
高野駅、扇大橋駅

(荒川河川敷会場より南)

・JR常磐線・地下鉄
北千住駅

・日暮里・舎人ライナー
足立小台駅

【問い合わせ】
一般財団法人足立区観光交流協会
03-3880-5853

【公式サイト】

あだち観光ネット【第38回足立の花火】

【会場周辺地図】

map_hanabi

画像引用元:http://hanabi.adachikanko.net/38hanabi/hanabi2016_gaiyo.html

開催日も、他の都内の大きな花火大会に先駆けて行われる為、より会場に足を運んだお客さんの気持ちもかなり高ぶっています。

会場近くで花火を見る場合は、車でのお越しは考えない方がいいです。
また、どうしても車で行きたいとお考えの方は、最寄りの駅である上記で示した駅から最低でも3つぐらいは離れた駅のコインパーキングなどに停めることが無難です。

当日は会場周辺で交通規制があるので、会場へは近づかないようにしましょう。

足立の花火大会の混雑状況がスゴイ…

それと、1つ注意点なのですが、帰りはなるべく北千住駅を利用して帰宅しない方がいいかもしれません。
以下の動画をご覧下さい。

出典元:帰りも大混雑~第34回足立の花火(2012年10月13日)

これだけの混雑、正直キツイです。
出来れば、北千住駅は回避して日暮里・舎人ライナー、もしくは東武スカイツリーライン沿いの駅から帰ることをおすすめします。

では、次に穴場スポットを見ていきましょう。

足立の花火大会の穴場スポット5選!

・荒川西新井緑地

ここはもう会場目の前の土手になります。
ですので、正直混雑はしますが、荒川河川敷会場より北側の河川敷ですので、対岸の北千住駅側の河川敷ほど混雑はしません。

なぜかと言うと、最寄りの駅から徒歩30分程かかるので、対岸とのアクセスに大きな違いがあるからです。
(ちなみに、対岸の北千住駅側は15分程です。)

また、◯◯緑地、とか◯◯グラウンドとか、同じような名前で場所ごとに名称が変わるのでわかりづらいですが、基本的には北千住駅側より、西新井川の河川敷の方が全体的に空いています

近くで足立の花火の全てを楽しみたい!
けど、混雑はなるべく避けたい!
という方向けで、ゆったりと見たい方にはあまりおすすめは出来ません。

梅島駅より徒歩約30分

・扇大橋周辺

周辺に高い建物がなく、ストレスなく花火を楽しむことが出来ます。

会場より南の北千住側には、島忠ホームズとケーズデンキがあるのですが、島忠ホームズ側だと高い建物が被ってしまう為、綺麗に見れない可能性が高いです。
ですので、見るとしたらケーズデンキ側周辺で見ることをおすすめします。

足立小台駅から徒歩1分

・尾久の原公園

公園内の場所によっては、目の前のマンションに遮られて花火がイマイチ見づらい場所もあるのですが、会場から比較的近い上に公園内の面積も広いのでゆったりと花火を見ることが出来ます。

また、公園内にはトイレもあり、公園の目の前には「ライフ」という大型スーパーがあるので食材などの調達も簡単に出来ることが魅力的です。

熊野前駅、東尾久3丁目駅より徒歩10分

・西新井さかえ公園

他の穴場スポットよりかは会場からの距離がかなりあるのですが、他の高い建物に囲まれながらも花火が打ち上がる会場方向には高い建物がないので、綺麗に花火を見ることが出来ます。

また、隣のイトーヨカドーアリオ西新井店で食材などの調達も簡単ですし、早く場所取りをし過ぎても時間を潰すことが出来ます。

ちなみに、ここのイトーヨカドーアリオ西新井店の屋上駐車場は、土曜日はそもそも駐車場の利用が出来ない状態ですので立ち入り自体が出来ません。

東武線西新井駅 (西口)から 徒歩7分程度

・ショッピングタウンカリブ 梅島店 屋上駐車場

ここは恐らく地元住民しか知らない情報です。
(独自のリサーチ方法でここを発見して、電話してから穴場だと知りました。)

当日の1週間~10日程前から、店内でのみの張り紙等による告知イベントがなされます。
(HPなど、ネット上には情報は出さないと聞きました)

そのイベント期間中に、店内で2,000円分購入したレシートを保管しておくと、花火大会当日の朝にそのレシートと整理券を引き換えてもらえます。
ただし、整理券は枚数が決まっており、先着順なので午前中にはなくなってしまいます。

午後には貰えない可能性が大きいので、レシートを持ち、午前中の朝早い時間帯から並ぶことをおすすめします。

※ちなみに、毎年このイベントは行っているそうですが、今年はまだ正式に決まった訳ではありません。
7月中旬頃に電話して聞いてみるか、実際に足を運んでみた方が賢明です。

梅島駅から徒歩10分

足立の花火大会の穴場スポット 番外編

・スカイツリー

350m展望台からの眺望はそれはもう圧巻です。

普段は下から花火を見上げる為、首が痛くなってしまいますが、スカイツリー展望台からは花火を見下ろして見る為に、首の傷みの心配がない所が魅力的です。

虫よけスプレーいらずで、暑さ対策が必要ない部分もいいですね^^

東京スカイツリー天望デッキ(350m)

大人(18歳以上) 2,060円

・周辺の大型施設の屋上駐車場など

あまり大きな声では言えませんが、場所によっては周辺の大型施設の屋上駐車場等からも見ることは出来ます。

しかし、あくまで花火鑑賞目的で開放したりはしていないので、しっかりとそこで買い物をした上で利用するようにしましょう。
ずっとそこで溜まっていたり、ゴミを放置したりと被害が出る恐れもあるので、あえて店舗名などは伏せさせて頂きますが、ご自身で周辺の大型施設などをリサーチしてみてはいかがでしょうか^^

きっと、
「ここから見えそう!」
という、穴場が見つかるかもしれません。

・帰りの電車内から

日暮里・舎人ライナーを利用する方は、花火終了時間の15~20分前から帰宅する準備を始めることをすすめます。
というのも、フィナーレを現地で見なくとも、運が良ければ電車内からフィナーレを拝める可能性があるからです。

その上、帰りの大混雑も避けれて一石二鳥!
是非時間を計算して、電車内からフィナーレを見ることに挑戦してみて下さいね^^


スポンサードリンク

足立の花火 場所取りの時間は?

足立の花火大会は、メイン会場付近は15時頃から混雑が目立ってきます。
ですので、本当に目の前で見たいと思うなら、午前中とか早い時間帯から場所取りをしなければなりません。

しかし、上記でご紹介した穴場ならそこまで早くから場所取りをしなくても、そこそこいいポジションで見れるのではないかと推測しています。
荒川西新井緑地や扇大橋など、会場から近い場所ではベストポジションを取ることは難しいかもしれませんが、他のご紹介した穴場なら17時からなどでもいい場所を取れる可能性は大きいです。

さいごに

足立の花火は、都内の大型花火大会で一番最初のイベント。
その為、夏を待ち望んでいる私たちは花火を見たくて見たくてしょうがないんです。

そしてどうせなら、近くで、そして混雑を避けて見たいものですよね。

是非、今回ご紹介した穴場スポットを利用して、最高の夏をスタートさせて下さいm(_ _)m

スポンサードリンク

どんどんシェアして下さいm(_ _)m

コメントを残す