寝室の窓の結露を抑える方法 原因と対策まとめ【超簡単な裏技まで】

冬場になると乾燥して肌がカサカサしたり、喉がイガイガしたりしますよね。

ですので寝室の部屋には、大抵加湿器などを置いている方が多いと思います。
特に女性にとって乾燥はお肌の敵!
加湿器は必須なのではないでしょうか。

加湿器はなくとも、なんらかの加湿方法を取っているとは思いますが、翌朝起きたら窓が結露でずぶ濡れ状態…

結露で濡れた窓は、掃除もめんどくさいし、何よりカビの発生が怖いですよね。

そこで今回は、

・窓が結露する原因ってそもそも何なの?

・窓が結露しないようにする為の対策は?

・窓が結露しない為の超簡単な裏技!

など、わかりやすいようにまとめましたので、是非参考にして下さい。
最後の裏技については、ほとんどのご家庭にある物で出来る裏技ですので、最後まで見て下さいね♪

スポンサードリンク

窓が結露する原因って何?

まず、結露がなぜ発生するかというのを簡単に説明します。

結露は、部屋の湿気を含んだ暖かい空気が、冷たい窓の表面で冷やされることで発生します。
部屋の空気と外の温度差が激しいと起こる、ということに繋がります。

部屋の室温が高いと、湿気を多く含みます。
これに加湿器を付けていると、尚のこと湿度が高くなります。

特に、エアコンの暖房を掛けている場合とかだと結露が発生しやすいという訳です。

暖かい空気(軽い空気)は冷たい方へと流れる習性があります。
暖かい空気は冷たい窓付近を通過して、冷やされて冷気(重い空気)になり床へと向かいます。

重くなった冷たい空気は、エアコンの風で床から壁へと押し上げられて、またエアコンの元に戻っていきます。
一定の方向に空気が循環しているんですね。
この空気の流れを繰り返すことで、窓に結露が付着していくのです。

“湿度を含んだ暖かい空気が、窓に結露という落とし物を毎回繰り返し落としていく…。”

そんなニュアンスで考えてもらえるとわかりやすいです^^;

また、急激に部屋を暖めると結露は発生しやすくなります。
暖房27℃で“強風”にして加湿器を付けた場合など、まず間違いなく結露は発生してしまうでしょう。

もしかしたらそれは、エアコンの暖房を25℃にして“弱風”にするだけで結露の発生を少しだけ抑えられるかもしれません。
あくまでも参考にまで頭に入れておいて下さい。

窓が結露しないようにする為の対策は?

実は、結露を防ぐ簡単な方法があります。
それは、空気の流れを変えることです。

エアコンの暖房を付けていると部屋の空気の流れは一定になり繰り返されます。
上記でも説明しましたが、

“空気の流れを繰り返すことで、窓に結露が付着していく”

ということでしたね。

では、この空気の流れが繰り返されることが結露の原因なら、

空気の流れを変えて結露の発生を抑えようではありませんか!

そこで役に立つのが“扇風機”です。

fd47a008c0d769bf8641eb7c443e6646_s

※本来ならサーキュレーターの方が効果的ですが、とりあえず扇風機でも代用は出来ます。

夏場だけでなく、実は冬場も役に立つんですよ^^
もう活躍の場は終わりだと言わんばかりに押入れにしまってしまった方は、押入れからもう一度出してあげましょう。

エアコンの流れとは垂直に、扇風機の風を送ってあげましょう。

縦の風はエアコン、横の風は扇風機、といった感じです。

そうすることで、今まで流れが一定だった空気が一変します。
※もちろん寒い冬ですから、自分には風が当たらないような場所に扇風機を設置して下さいね。

部屋だけでなく、部屋の扉も開けて家全体の空気の流れを変えましょう。
一番いい換気の方法があるんです。

家全体を換気するには?

“部屋の換気”

例えば、寝室の換気をしたい時に、寝室の窓だけを開けるのではダメなんです。
寝室の窓だけを開けただけでは、外と中の空気が出たり入ったりしているだけで、上手に換気が出来ていません。

では、上手に家全体を換気するにはどうすればよいのでしょうか。

それは、寝室の窓の対角線上にある家の窓を開ければいいのです。

例えば、車を運転している時に車内の換気を上手にするには、運転席(右側前)の窓と、その対角となる後部座席左側の窓を開けることで上手く換気が出来るのです。
運転席側を多めに、後部座席側を少なめにして窓を開けて見て下さい。

細かく言えば、前10センチ後ろ5センチぐらいで開ける感じです。

運転した時に試してみて下さい^^

話は部屋の換気について戻りますが、寝室の部屋を開けたらリビングの窓を開けることで上手く換気出来るかもしれません。
それは個々の家の間取りによって異なりますが、以下の図のような感じで窓を開けて貰えれば大丈夫です。

60abc7e8167f09b9fea2e749549c8451_s

寒い時期はかなり辛い作業にはなりますが、寝る15~30分前に寝室の換気をする為に、家全体の換気をサッと済ますのが、結露対策にはおすすめです。


スポンサードリンク

結露を窓に発生させない簡単な裏技まとめ

ここでは、自宅にあるもので簡単に出来る結露対策をまとめました。

台所用洗剤を塗る

雑巾に台所用洗剤をそのまま染み込まし、それで窓を拭くだけという最も簡単な裏技です。
台所用洗剤ならどのご家庭にもありますからね。

3~5日間ぐらい持続してくれるので、その都度洗剤で拭いて上げる必要があります。

寒冷地の北海道でもかなりの効果を発揮したとの情報がありましたので、関東や南の方の地域の方のお住いではより威力を発揮してくれそうです。

寝室の家具などに隙間を設ける

寝室に置かれた家具や置物が壁にくっついてしまってはいませんか?

特に北側の壁は、実は結露が発生しやすいんです。
どっちが北かは、スマホアプリのコンパスなどを使用して見てみて下さい。

北側の壁に洋服ダンスが隙間なくくっついていたりすると、カビの発生原因にもなります。
もしそうなっていた場合は、時間のある時に模様替えをしましょう。

そうすることで、北側の壁に発生しやすくなっていた結露が抑えられ、タンスの裏側にも空気の流れが出来ます。
空気の流れが出来ると、蒸気がこもったりしなくなるので、カビの発生も抑えられます。

新聞紙を窓に貼り付けて結露防止!

この方法は、既に窓がしっとり濡れていないと貼り付けられません。
ですので、まだ窓が結露していない場合は新聞紙をちょっと濡らして窓に付着させておきましょう。

新聞紙は吸水性がバツグンですので、水滴がしたたり落ちることもなくしっかりと吸収してくれるはずです。

最後には、新聞紙で窓を拭いて上げましょう。

新聞紙のインク油の成分が油分を分解して、ツヤも出してくれます。

結露も防げて掃除も出来て、一石二鳥ですね。

まとめ

・結露は外気と部屋の温度差が激しいと出来る

・部屋の空気を扇風機(サーキュレーター)で入れ替える

・家全体を換気するには、家の窓を対角線上に開ける

・台所用洗剤の原液を付けて窓を拭く

・寝室の家具の裏技に隙間を作る

・新聞紙を窓に貼り付けておく

結露を防止して、しっかりと部屋は加湿して肌や喉を潤しましょう^^

スポンサードリンク

どんどんシェアして下さいm(_ _)m

コメントを残す