冬の入浴は高齢者の方の事故に要注意!

毎年冬のシーズンになると
入浴による事故が一年の中で
最も多くなります。

その内、高齢者の方による事故が
大半を占めております。

そこで本日は、入浴の際
気をつけるべき注意点や
実際に起きた事故例などを見ていきましょう。

スポンサードリンク

冬の入浴で高齢者の方が気をつけるべきこととは?

ヒートショック
→急激な温度変化が身体に影響を与えることを指します。

このヒートショックと呼ばれるものが原因で
年間10,000件を越える死亡ケースが発生しています。

そのヒートショックは、
冬の入浴中に一番起こりやすいのです。

そして統計上の事実で、入浴中の事故死の
実に88%が65歳以上の方なのです。
(厚生労働省:平成21年度の統計年報より)

なぜこんなにも高齢者の方が
大半を占めるのか。

主な死因としては、循環器疾患、心疾患など。

病気の発作が起きたことや
のぼせて立ちくらみ等による、
転倒や溺死なども死因に挙げられます。

そうなってしまう一番の原因は
“血圧”の急激な変化によるものです。

まず、入浴の前後を見ていきましょう。

脱衣所にて裸になる。→ 寒さで血圧上昇
▾▾▾
熱い湯船に浸かる。→ 体温上昇で血圧降下
▾▾▾
浴槽から出て髪を洗う。→ 体温低下で血圧上昇
▾▾▾
熱い湯船に浸かる。→ 体温上昇で血圧降下
▾▾▾
脱衣所にて裸になる。→ 寒さで血圧上昇
この日常的な入浴の一連の動作だけで
血圧はこんなにも変化しているのです。

では血圧の変化にはどのような危険があるのか?

1.心臓が湯船に浸かり込んでいると、
水圧により心臓に負担がかかってしまう。

2.血圧上昇により血行促進された直後、
また血圧が降下することで
狭心症や心筋梗塞になる恐れが高くなる。

3.入浴中の発汗で脱水が起こり、
血液中の水分が減ると血液が粘っこくなる。
それにより、血液中に血の塊ができやすくなり
脳梗塞を引き起こす恐れがある。

とても危険が潜んでいますね。

なので、体温を急激に変化させないように、
それぞれ工夫が必要です。

脱衣所、浴室を暖めておいて、
湯船の温度は40度ぐらいに。

そこに長く浸かることはせず
5分ほどで上がりましょう。

長時間の入浴はエネルギーを消費しますから
発汗作用もすごいです。

また、そのでた汗の分の水分補給はしっかりと、
入浴後はコップ一杯のお水を飲む癖をつけましょう。

それと、お酒は飲むなら入浴後にしてくださいね(^^)
入浴前に飲んでしまうと
血圧が下がりやすくなってしまい
また脱水も起こしかねないので危険です。
絶対にやめましょう。

冬の入浴での事故例を見てみよう

事故例1) 65 歳・女性 Aさん
いつも長湯のAさん。
午後10時半頃から一人で入浴していたが、
中々出てこないので家族が様子を見に行ったところ、
浴槽の中で顔をお湯に沈めて死亡していた。
入浴による血圧上昇が持病の高血圧症に影響し
脳出血を起こして死亡したと考えられた。

スポンサードリンク

事故例2) 71 歳・男性 Bさん
午後9時頃、仕事仲間と居酒屋で飲酒。
0時30分ごろ帰宅し、帰った直後に一人で入浴。
なかなか浴室から出てこないので、
午前2時ごろ不審に思った妻が様子を見たところ、
浴槽内で顔をお湯の中につけたまま反応のないBさんを発見。
救急センターに搬送されたが、
すでに死亡状態であった。死因は溺死であった。

国民生活センター 消費者情報部危害情報より

持病が影響したり、飲酒後の入浴が原因だったりと
死因は様々です。

次に紹介する、冬の入浴の注意点を
しっかり読んでおきましょう。

冬の入浴でこれだけは注意しておくこと!

身体に大きな温度差を感じさせてはなりません。

そうする為には、

湯船の温度を39~41℃までにして
42℃などの熱いお湯には浸からないようにしましょう。

湯船に浸かる際は、末端の手足から
徐々にかけ湯などして温めて
いきましょう。

浴槽内からでたあとの場所は、
シャワーのお湯を高い位置から
撒いて湯気を立たせ
ましょう。

脱衣所は電気ストーブを置くなどして
暖を取りましょう。

また、湯船に血行促進してくれる
入浴剤
など入れるとより効果的ですね(^^)

こちらの商品は毎日使用しても
6ヶ月間も持つので経済的にもよいですね(^^)

まとめ

熱いお湯に浸かりたいのは十分わかります。
私も熱いお湯派です。

しかし、健康を、を考えた時に、
やはり今までの行動を一変する必要があります。

「熱いお湯に入るのが日課であって、楽しみの一つ」
そのように思ってらっしゃる方も、
楽しみ方を変えてみてはいかがでしょうか。

いろいろな入浴剤を試してみたり、
防水テレビを購入されてみたり。

ただ、防水テレビはついつい
無我夢中で見入ってしまう恐れがあるので、

「この時間まで!」
と、時間を決めてから使用する必要があると思いますので
要注意ですね。

冬場の入浴、是非皆さんもこの記事を参考になさって
十二分に注意して下さい。

スポンサードリンク

どんどんシェアして下さいm(_ _)m

コメントを残す