冬の脱水症状って意外と多い 不感蒸泄その原因と対策とは?

e857d05ba5b76f9c230db7b71b3bb1b9_s

冬に脱水症状に陥ることは意外と少なくありません。

夏場に多く見られがちですが、
冬も寒さのあまり
水分を摂る量が減ってしまったりするのです。

本日はそんな
冬の脱水症状について見ていきましょう。

スポンサードリンク

冬の脱水症状とはどんなもの?

冬場は乾燥の季節。

肌の乾燥対策はしていても、
身体の乾燥対策はしていますか?

冬は実は、脱水症状のシーズンなのです。

俗に“かくれ脱水”とも呼ばれています。

その症状とは?
・最初は、口の中が粘ついたり、身体のだるさを感じます。

・さらに放置してしまうと、食欲不振やめまいなどが起こります。

・最悪の場合、脳梗塞や心筋梗塞になってしまう
危険性も伴っています。

夏場の脱水症状は主に
“発汗”が原因でなります。

しかし冬場は、

不感蒸泄(ふかんじょうせつ)

といわれていますが、
皮膚や粘膜、呼気などから
知らず知らずのうちに水分が失われます。

この不感蒸泄が原因で脱水症状を
引き起こしてしまうのですが、
より詳しく原因を見ていきましょう。

冬の脱水症状 不感蒸泄の原因は?

人間のカラダにとって快適な湿度は50~60%です。

しかし、冬場の湿度は50%以下になってしまいがちなんですよね…

特に現代では、住宅の気密性が良くなったことや
暖房器具の使用などにより
屋外に比べて湿度が10~20%低下する傾向がありますので、
さらに不感蒸泄は増えてしまいます。

それと、冬場は特に

「水分を補給しなければ!」
という意識が、夏に比べて少ないですよね。

スポンサードリンク

また、寒いですので冷たい飲み物の摂取は
避けたいという方が多いのも事実。

喉が乾いていなくても、
こまめに水分補給をしなければ
身体もやはり乾燥していってしまうのです。

冬の脱水症状 不感蒸泄の対策を取ろう!

室内の湿度を上げましょう。

上記でも説明しました
人間の身体の適正値である、
50~60%の湿度を保つことが大事です。
湿度計をご用意しましょう

そして、加湿器を置くことが一番効果的で
便利かもしれませんね(^^)

水の入れ替えは多少面倒ですが、
一番適正に保てるかと思います。

そして、飲み物をこまめに意識して
摂取すること。
これは喉が乾いたタイミングではなく、

・朝起きた時
・夜寝る前
・トイレに起きた時

など、日頃の行動に合わせてタイミングを
決めてあげると良いです♪

また、冬場の食べ物というのは
水分量が少ないとされていますので、

ホウレンソウや小松菜などの緑黄色野菜
みずみずしい果物をがんがん摂取していきましょう(^^)

まとめ

夏場の脱水症状は汗によるもの。

しかし、冬場の脱水症状は
乾燥によるもの。

ですので、身体にしっかりと
水分を補給して上げると良いですね(^^)

・室内の湿度は加湿器で50~60%に保つ。

・体内の水分は喉が乾いていなくても
意識して補給する。


この上記の2点さえしっかり守っていれば
脱水症状も怖くありません。

冬場は特に意識が低下しがちですので、
是非水分補給を心掛けていきましょう。

スポンサードリンク

どんどんシェアして下さいm(_ _)m

コメントを残す