冬の頭皮の乾燥やかゆみには無添加シャンプーで地肌に優しく♪|

冬場になると

頭皮が乾燥してかゆくなったり

フケが出てきて困ってる

という方も多いのではないでしょうか。

そういった原因は洗い方
シャンプーにあるものがほとんどです。

そこで今回、頭皮の乾燥にお困りの方の為に
私が提案するのは無添加シャンプー

その無添加の良さと洗い方などについて
ご紹介していきます。

スポンサードリンク

冬場の頭皮の乾燥には無添加シャンプー

私がご紹介させていただきくのは
シャボン玉せっけんで有名なメーカーから
発売している、

シャボン玉無添加せっけんシャンプー&リンスです。

こちらは私が使い始めておよそ
1年ほど経過したのですが、
正直使い始めは
「泡立たないし髪がきしむ…」
と、あまり満足はしていませんでした。
しかし使っている内に
髪自体がシャンプーに合ってきたのか

髪のきしみとかはさほどなくなってきました。
泡立ちは正直よろしくないのが現状です。(1プッシュの為)

それと冬場は頭皮の乾燥に困っていた私が、
このシャンプーとリンスを使ってから
かゆみは治まってくれました。

※効果は個人差があります。

無添加ですので頭皮の乾燥に困っていたり
皮膚が弱い方にはおすすめですよ(^^)

ただ、泡立ちはあまりよくないので
シャンプーのつけすぎにはご注意です!

そもそも無添加ってどう髪や頭皮にいいの?

無添加と謳っていますが、
そのしっかりした定義はないようなんです。

無添加シャンプーとは
大きく分けて2つに分類されるようですが、

まず1つ目は
安全性に問題があり、ごく稀に
皮膚障害を起こす恐れがある
と指定された成分が入っていないこと。
この成分を表示指示成分といいます。

2つ目は
着色料・香料・パラベンなどの添加物が入っていないということ。

ご紹介したシャボン玉無添加せっけんには、

シリコン、合成ポリマー、香料、着色料、酸化防止剤、
合成界面活性剤を使用していない無添加石けん

スポンサードリンク

という商品説明がありました。
例外として、この商品は
上記の2つの定義を持ちあわせているのです。

そして、今有名な
ノンシリコンシャンプーや
アミノ酸シャンプーにも実は
しっかりとした定義がないのです。
中には、同じ商品名のもので
ノンシリコンシャンプーを謳っているけれど、
実はトリートメントの方には
シリコンたっぷり!

という物もあるそうなので…

しかしご紹介したシャボン玉無添加せっけんは
シャンプー、リンスともに無添加ですので
安心してお使い頂けます。

シャボン玉無添加せっけんでの洗い方講座

正直シャンプーは泡立ちがよくありません。

かといって、2、3プッシュして
無理に泡立てないで下さい。

いくら無添加といえど、
シャンプーというもの自体
決して髪や頭皮にいいものではないからです。

髪や頭皮は、内側からよくしていく必要がありますので
あくまで本当に良くするとなると、
食事などの栄養面を考える必要があります。

いかに、髪を洗う際に
ダメージが残らず
頭皮の乾燥を防げるか、
などが
シャンプーやリンスに問われる課題ですので、

ここの部分をしっかりと頭の中に
入れておいて頂けるとよいかと思います。

シャンプー前にまず、
2~3分ほどじっくりと
シャワーで流して下さい。

この時点で髪の汚れを落とす
といったイメージで流します。

そうすることで泡立ちも
よくなります。

そして先ほど言いましたようにシャンプーを
1プッシュ、最高でも2プッシュまで
抑えて下さい。

リンスも髪の長さに合わせて
髪全体にまんべんなく
行き渡るようにつけていきましょう。

私の場合は男の割に
髪が長いので(前髪が眉毛につき襟足も肩につくぐらい)
2プッシュつけています。

リンスに関しては、コスパを考えた時
水で薄める方法も取り入れた方が
よいかもしれませんね(^^)

まとめ

無添加せっけんは
髪・地肌をいたわった
とても健康的な商品です。

洗いあがりやツヤなどを
求めるとなるとまた違いますが、
>髪や地肌に刺激を与えない点では
とても魅力的なもの
と考えています。

あくまで私の個人的な感想のように
なってしまいましたが…

頭皮の感想やかゆみなどにお困りの方は
是非一度お使いになってみて下さい♪

スポンサードリンク

どんどんシェアして下さいm(_ _)m

コメントを残す