インフルエンザの予防接種は2015年から料金値上がりに 効果は上がったのか

104303

今年2015年からインフルエンザの
予防接種にかかる料金が上がりました。

予防接種は学校でも会社でも
受けるよう勧められますが、
あくまで任意によるもので
強制的に受ける必要はありません。

あなたは毎年
予防接種を受けていますか?

その予防接種を受ける時期や
回数によって、
接種してもインフルエンザに
かかってしまわれる方は
数多く存在します。

ここではインフルエンザについての
正しい知識や
今年2015年の流行の兆しを見ていきましょう。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種 2015年の今年は受けるべきか

今年2015年から
インフルエンザの予防接種の料金が
値上がりしたとニュースで話題になっています。
なぜ値上がりしたのか
簡単に説明いたしますと、

インフルエンザウイルスにもたくさんの種類があり、
人に伝染って流行が考えられるウイルスの種類を
仮に

A、B、C、D
としましょう。

今までのインフルエンザの予防接種に
使用されるワクチンには、
A、B、Cのインフルエンザウイルスを
やっつける力がありました。

しかし、Dのインフルエンザには
その力が発揮出来ず、
予防接種を受けても
Dのインフルエンザウイルスには
対抗する力が全くなかったんですね。

ですが、今回新たな
ワクチンを導入したことによって
A、B、C、D全てのインフルエンザウイルス
対抗する力を手に入れたという訳なんです。

そのことによって、
全国のインフルエンザの予防接種を受けられる
専門機関では平均的に
接種料金が500円ほど上がったそうなのです。

料金が上がってからの相場は
大体3000円程です。

これはどういった意味を表しているのか

と言いますと、
新型インフルエンザに対抗する術が
確実に進んでいる
ということです。

インフルエンザ自体、
もちろん怖いのですが

少なからずほとんどの方は

「過去に予防接種を受けたことがある」
または、
「インフルエンザにかかったことがある」
という方が大半です。
ということは、
既に存在している
インフルエンザウイルスには
多かれ少なかれ免疫は
持っているんですね。

しかし、新型インフルエンザとは
名前の通り新しいですから、
誰もがかかったことのない
ウイルス
なのです。

その感染経路は主にからです。

「鳥インフルエンザウイルス」

「豚インフルエンザウイルス」
というキーワードを聞いたことがありますよね?
そのウイルスが大きな変異を遂げ、
全く新しいウイルスに変化してしまうのです。

そうなってしまったら
どの国の、地域の人間も
免疫を持っていませんので…

この新型ウイルスが流行でも
してしまったら
それはもう歴史的な大ニュースになります。

その、
「もし新型ウイルスがいきなり出てきた」
の為に
研究機関は日々ワクチンの改良を
行っていますので

もしかしたら今後も
定期的に予防接種の値上げが
行われるかもしれませんね。

インフルエンザの予防接種の料金って病院によって違うの?

予防接種の料金は専門機関によって違います。

スポンサードリンク

なぜこうした事態が起きるのかと言うと、
ワクチン一人分で考えると
大体病院に入ってくるまでの原価が1000円程です。

今年から卸値が1.5倍になったということで
およそ1500円程ですが、

その後、病院側では
接種料金が自由に設定出来るからです。

なので、個人で開業医として
行っている病院で
すごく患者さんの出入りの
激しい所であれば

接種料金が安い可能性があります。

その病院の土地価格や
看護師などの人件費なども考慮すると
なかなか安く出来ないのが
現状だったりもしますが…

大きな病院では
安く設定してしまうと
予約の殺到などで大混雑する恐れがあるので
大体の相場は3000円ほどです。

毎年かかっている病院の接種料金が
4000円とかで高いと感じたら
少し他の病院も検討してみるのも
いいかもしれませんね(^^)

インフルエンザの予防接種は効果ない?

今年の8月末に
毎日新聞で話題になった
インフルエンザの記事があります。

その記事のタイトルがこちら。

インフルワクチン:乳児・中学生に予防効果なし 
慶応大など、4727人調査

もちろんそれ以外の年齢層には
しっかりと効果が認められたようですが、

あくまで
4727人の小児を対象にした
研究結果であり、記事内では

効果なし
ではなく、
効果は確認できず
という表現をとっています。
これについて、
専門医の意見を調査したところ

インフルエンザの予防接種は13歳未満は2回の接種を、
それ以上は一回の接種を行うことになっています。

という推奨があるようです。

この研究機関で行った調査では
2回接種したという表現がないため、
13~15歳の中学生でも
2回接種すれば効果がある可能性がある
のです。
また、1歳未満の乳幼児には
厚生労働省のホームページに記載された
文面を引用させていただきますが

発症後の重症化や死亡を予防することに関しては、
一定の効果がある
とされています。

とのことです。

「効果なしと記事に書いてあったから
予防接種をする必要はない。」
と、考えることは
とても危険なことではないか
と感じていますので

どうか乳幼児の親御さんである方は
一度、厚生労働省のホームページにて
問い合わせをしてみるか

お近くの専門医に是非
ご相談して下さい。

まとめ

インフルエンザの予防接種は
100%ウイルスを防げるものではありません。

防げる可能性を大きく広げるものです。
そして、2回の接種により
その効果は大きく広がります。

2回目の接種時期ははかかりつけの
お医者さんにご相談しましょう。

2015年の今年は、流行の兆しが
早く見られる可能性があるとの情報も
テレビで報道されていましたので

11月の頭ぐらいには
受けていた方がよいかもしれませんね。

新型インフルエンザ大流行にも備え、
万全の体制でこの冬を乗り切りましょう。

スポンサードリンク

どんどんシェアして下さいm(_ _)m

コメントを残す