年賀状はいつからいつまで出せばいいのか とっておく必要ってあるの?

毎年暮れに、新年のあいさつとして送る
年賀状。

でも出すタイミングってなかなか
決まってなかったりして…

「毎年ぎりぎりになって出してしまう」
という方も多いのではないでしょうか。

いつから出せて
いつまでに出せば間に合うのか

そして貰った年賀状って
処分するのだろうか

今回はそのタイミングが
分からないという方に向けて
記事を書きましたのでご参照下さい。

スポンサードリンク

年賀状はいつから出せるの?

年賀状の受付開始日は
毎年12月15日から始まります。

これは曜日、年関係なく
毎年同じ日ですので
覚えておきましょう。

ということは、年賀状を
書き始めるタイミングは
その日よりもっと前もって
書いた方が賢明ですね。

12月に入ってくると
大掃除やらクリスマスやらで
行事が盛り沢山ですから、

出来れば一般的に行事が少ない
11月中旬あたりからゆっくり
書き始めた方が無難です。

その頃から始めれば
既に年賀状も発売されていますし
気に入ったデザインの年賀状も
まだ全然手に入りますからね(^^)

年賀状はいつまでに出せば間に合うの?

いつから、というより
いつまでに
の方が重要ですよね!
まず、基本的な年賀状の受付期間は
12月15日~12月25日までの11日間です。

この期間とは、

確実に元旦(1月1日の午前中)に年賀状を届けられる期間

です。

基本的にみんなからの年賀状が
元旦に届いているのに
自分のだけが2日に、3日に…とか
なると格好がつかないですもんね。

時間やルールに厳しい方は
良くは思ってくれない可能性もあります。

じゃあ、
「26日以降に出した年賀状は元旦に届かないの?」
というと、必ずそうでなありません。

12月28日のポスト最終集荷時間までに出せば
元旦に届く可能性もあります。

最終集荷時間は、その地域にもよりますが
おおむね19時頃までとなっています。

スポンサードリンク

ですが、これを言ってしまうと

「まだ出さなくていいや~」
という方が、もしかしたら
出てきてしまう恐れがありますので(笑)
もう一度、声を大にして
言わせていただきます。

年賀状を元旦に届けるようにするには
12月15日から12月25日の間までです!

クリスマス、天皇誕生日と被るので
頭の中では22日まで
と思っていた方が確実かもしれませんね(^^)

年賀状っていつまでとっておくもの?

ここの問題って意外と
考えてなかったりしますよね。

昔からずーっと取っておいている
という方もいるかと思いますが、

風水的で言うと、
実は、年賀状やはがきなどの紙類を
長期に渡って保管していることは、

若さや仕事運の低下につながります。

そういった昔の年賀状は
大体3年程で捨てることが目安です。

処分することで、
風水的に新しい年の気を
取り入れることが出来るのです。

また、残しておきたい
住所名前などは写真を撮って
パソコンなどにデータとして保存
しておけば困ることはなくおすすめです。

そして、年賀状やはがきは
個人情報の面からも
必ずシュレッダーなどにかけて処分
することを心掛けましょう。

ちなみに、郵便局では
年賀状回収サービスなどは
行っていません。

そうした個人情報を盗もうとする
詐欺も存在するので十分ご注意下さい。

まとめ

毎年、ぎりぎりになって
年賀状を書く作業って
意外と大変ですよね。

そうした事態にならないよう
早めに書くことを心掛けたいです。

また、自分の気に入った
デザインの年賀状を手に入れれば
書く作業のモチベーションも上がります。

是非、自分の好きなデザインを
ネットなどで探して
見つけましょう。

しつこいようですが最後に、
25日(22日)までには
完璧に年賀状を出せる状況を
作っておくことがベスト
です(^^)

スポンサードリンク

どんどんシェアして下さいm(_ _)m

コメントを残す