スノボー初心者で板を買う 種類を知り先ずは中古から買おう

スノボーも板についてくると
文字通り、自分の板も
欲しくなってきますよね。

私もスノボーの魅力に
一気に引きこまれ、
ゲレンデに1回行ったっきりで
板、バインディング、ブーツ、ウエアと
揃えた物です。

もっと上達したい!
と考える方は
もちろんこれからも
何度もゲレンデに足を
運ぶことを考えて

購入してしまった方が
費用的にも抑えられますし

なにより自分の物というのは
愛着が湧きますからね。

ここではその中でも、
一番重要である板の選び方種類
購入費用について検討していきます。

スポンサードリンク

スノボー初心者が買う初めての板

まず板選びで最も重要なのが
板の長さです。

基本としてはは

自分の身長-15cm
と、言われています。

しかし、これはあくまで
平均値ですので
以下を参照下さい。

180cm前後の人 自分の身長-20cm
170cm前後の人 自分の身長-15cm
150cm前後の人 自分の身長-10cm
長さの適正値はご覧の通りです。
ですので、
仮に身長175cmの方が
適正の長さの板を購入する場合は

上記の数字から平均値を出すと
-17.5cmですので、
175-17.5=157.5cm
の長さの物を購入すれば間違い有りません。

実際にそんな中途半端なサイズも
市販で売っていますので
ご安心下さいね(^^)

また、長さなんてこだわらない!
って人は是非短い板を購入しましょう。
あくまで、上記の数字は目安であって
必ずその長さでないと滑れない!
というものではありません。

なにより短い板は
コントロールしやすいので
初心者の方でも比較的簡単に
取り扱いが出来ます。

ここでもし迷ったら、
短い板を購入しましょう。

スノボー板にも種類がある

そして、まだ初心者の方ならば
まずは普通に滑れるようになりたい!

と思うと思いますが、
その次のステップに行く際に
板の種類が重要になります。

仮に1つ目をAとしますが、
こちらは

最初慣れるまでは大変だが、
難易度の高いカービングターンを覚えて
スピードに乗り気持よく滑走したい!

と思う方。

2つ目のBは、

スピード出なくてもいいから
とにかく簡単なカーブを覚えて
普通に走りたい!
また、グラトリも覚えたい!

と思う方。

これは、両極端に分かれるかと思います。

まずAを選んだ方は、
キャンバーボードがおすすめです。

スポンサードリンク

キャンバーボードとは
大げさにいうと板のラインの形状が
アルファベットの“W”をしていて、
板の真ん中が浮いている物になります。

ですので、雪面との接地面は
足を乗せている場所の2点だけですので
コントロールしやすいという利点があります。

キャンバーはスノボー板の基本
と言われていますから
これを買って間違いはないでしょう。

Bを選んだ方は
ロッカーボードがおすすめです。

ロッカーボードは、
キャンバーの板の真ん中が浮いているのに対し、
しっかりと接地しています。
アルファベットでいうと“U”の形になります。

ですので、真ん中が接地していることで
軸が真ん中となりますので
くるくると回ることが出来ます。

それゆえ、グラトリも早く覚えやすい
ということに繋がるんですね。

ですが、やはりその理由から、
コントロールが取りづらいことがデメリットです。

接地面が大きな1点のみですから、
雪面がアイスバーン化していたりしたら
もう言うことは聞いてくれません。

しかし、緩やかな傾斜などであれば
不自由なく滑れますので
問題はありません。

また、板の硬さ・柔らかさについてですが、

硬めの板は
高速カービングなど
スピードに乗って滑走したい方におすすめ。

柔らかめの板は
フリーラン、グラトリなど
低速でコントロールしやすいです。
初心者の方は柔らかめの板がいいでしょう。

スノボー板は最初は中古のがいい?

もし、板のブランドや見た目に
そこまでこだわりがなければ、

最初に安価な中古品を買うことを
おすすめします。

今や、オークションでも購入出来ますからね。

値段はメーカーによって
上を見れば非常に高い物もありますが、
メーカーのこだわりがなければ
1万円以下で余裕で購入出来ます。

ただし、最初はどんなものを買えばいいか
さっぱりわからないので、
購入前に一度、スノボー専門店などに行き
店員さんのアドバイスを貰いましょう。

ここで、押しに弱かったり
自分好みの物を見つけてしまったら
つい買っちゃうかもしれませんが…

スノボー用品は
板以外にも必要な物はたくさんありますから
お金の掛け方には注意して下さいね(^^)

まとめ

自分の板はスノボーを始めると
必ず欲しくなるものです。

これからスノボーと
長い付き合いをしていく中で
やはり買い替え時期がありますから

最初は中古などがおすすめですね。

スノボーやっている周りの人に
聞いてみたら

譲ってもらったー
とか
安く売ってもらった
という話を聞きますので
周りにリサーチをかけてみるのも
よいかと思います(^^)

そして、素敵なスノボーライフを送りましょう。

スポンサードリンク

どんどんシェアして下さいm(_ _)m

コメントを残す