デビットカードとクレジットカードの違いとそのメリットって何?

昨今、デビットカードなるものがどんどん
普及してきていますね。

でもその名前は聞いたことはあるけど
いまいち用途がわからないし…

クレジットカードは作れないけど
デビットカードなら作れるの…?
でもその違いって?

そこで今回は違いとそのメリットを
詳しく学んでおきましょう。

スポンサードリンク

デビットカードとクレジットカードの違いって?

ではここでまず
デビットカードにあって、
クレジットカードにないものを見ていきましょう。

デビットカードの特徴

16歳以上であれば、収入がなくても
誰でも審査無しで作ることが出来ます。

なぜそういうことが出来るのかと言うと、
クレジットカードとは後払いシステムによって
後々にその使った分の金額を
払わなければなりませんが、
デビットカードの場合、自分の口座内にあるお金だけを使って
カードを利用し、使ったその場で口座から
自動的に引き落としがされるシステムとなっています。

ですので、カード会社からしたら
後払いの場合のリスクとなる
“払ってもらえない”という状況には
なりませんので
収入なしでも審査無しで作ることが出来るんですね。

“現金として”という感覚で使う
ようは現金の場合、それが手元になかったら
ATMで引き出さなければなりませんよね?

ですが、デビットカードの口座内にお金を入れておけば
わざわざ引き出すこともありませんし、
ATM手数料もその都度かかりません。

デビットカードとクレジットカードのそれぞれのメリット

クレジットカードにない
デビットカードのメリットは上記の通りでした。

では、デビットカードになくて
クレジットカードにあるメリットとは?

ETCの利用

クレジットカードはETCを付けることは出来ますが
デビットカードは付けれません。

それはなぜ?

先ほど申し上げたように
デビットカードはその場で口座からお金が引き落とされます。

ですので、もし口座内にお金が無かったら…

バーに激突してしまいますよね^^;

ですので、後払い可能なクレジットカードのみでしか
ETC機能は付けれない
のです。

ポイント還元率

スポンサードリンク

カードで商品を買った際などに付与されるポイントが
デビットカードに比べ多いです。

しかし、現在はポイント還元率1%(100円につき1ポイント)などの
デビットカードもありますのでそこはあまり
気になさる必要はないかと思います。

ポイント還元率重視!って方でなければ
デビットカードでいいと思います。

年会費

ほとんどのクレジットカード発行会社が
年会費無料としていることに比べ、
デビットカードは年会費がかかってしまう所が
多いです。

ですが、今はこちらも年会費無料のところもありますので
無料のところで作っても、サービスの質がめっきり落ちてしまう…

なんてことはないのでご安心下さい。

デビットカードとクレジットカード、結局比較したらどっちがいいの

正直、デビットカードの方が断然いいです。

私が思うクレジットカードのデメリットって、
結局…使いすぎてしまうんですよね。

よほど、計画的でお金の管理が上手!
って方なら問題ないのだと思うんですが…

やはり気が大きくなって
ついつい使いすぎてしまうもの。

一括払いでは間に合わなくなり
分割払いにしてしまった。

なんて話もよく聞きますので…

ETCの利用が出来ない。
というデメリットを除けば
デビットカードは断然お得ですよ♪

特に、現金主義者の方におすすめです。

なぜなら
家計簿をつける際のあの膨大な量の
レシートをまとめる作業…

めんどくさいですよね^^;

でも、デビットカードなら
カード発行している銀行のアプリなどで
口座内残高や、今日使った額などが
その場でわかってしまうんですから。

ひと目でわかるから
家計簿付けるのも楽々ですね(^^)

まとめ

やはり“カード”ですので
使いすぎることのないように
注意は必要
です。

カード決済だと
例えば、800円の買い物をした時に

「あと200円で1000円!」

って思って余計なものを買ってしまう傾向にあります。

100円でもカード決済でいいじゃないですか。

10円のお菓子買うのもカード決済でいいじゃないですか。←

カードだからって、“見栄”を張る必要はないんです。

近年ではカード利用者数が増えてますからね。

そんな細かいことは気になさらないで、いいんです!

上手に利用して、是非素敵な
カードライフを送って下さいね。

スポンサードリンク

どんどんシェアして下さいm(_ _)m

コメントを残す