初日の出おすすめスポット 東京で海から見る絶景の日の出場所一覧

初日の出が顔を覗かせる瞬間は
見逃せないもの。

特に、海からの景色は
だんだんと赤く染まっていく海が
とても幻想的でロマンチック。

今回は、東京の海から見える絶景ポイント
をまとめましたのでご紹介します。

スポンサードリンク

初日の出おすすめスポット 東京の海から

◆葛西臨海公園

こちらでは、元旦にのみ特別に開放された
園内にて海沿いから
初日の出を迎えることが出来ます。

特におすすめする理由は、
海の地平線の彼方からではなく、

対岸にある、かの有名な「シンデレラ場」と初日の出
コラボを見れる所。
17cb4992f325732aa367b8588f03c863_s
シンデレラ場の隙間から
顔を覗かせる初日の出は
他では味わえない魅力的なものです。

駐車場に関してですが、
こちらは有料駐車場でかなり混み合います。

中には、せっかく見に来たのに
入れずに帰る、という方もいらっしゃいます。

一番無難なのは、事前に入場して
車中泊することでしょう。

新年のカウントダウンも
葛西臨海公園内にある、日本一大きい
「ダイヤと花の大観覧車」にて
行われます。

カウントダウンをそこで済まし、
車中では、年末に録画した番組を見て
時間を潰す、といった方法もありかもしれません。

ただ、エンジンかけっぱなしであればいいのですが、
消したと同時にすぐ冷え込むので
毛布やブランケットなどの
防寒対策グッズは多めに持って行きましょう(^^)

ちなみに、退場の際は
日の出終わりの直後だと
大混雑します。

逆に、すぐさま走って
車に戻れば少しは回避出来るかもしれませんが、
逆に諦めて時間を潰すというのもありでしょう。

併設されている大観覧車は、
元旦限定で朝8時まで営業しています。
日の出終わったあとに
観覧車の中からも見てみてはいかがでしょうか。

渋滞に巻き込まれて時間が潰れるよりは、
観覧車で待っていた方がいいかもしれませんからね。

並ぶ際の防寒対策は必ずしましょう。

料金は、一人700円ですので
車にお金を置き忘れてくることのないよう
観覧車に乗ることを考えている方は
入場料金だけでも忘れずに
持って行きましょうね(^^)

◆城南島海浜公園

スポンサードリンク

例年、初日の出を見に
多くの人が賑わう絶景スポット。
砂浜が横に長く広がっている為に
実際に、混み合った感じは受けないだろうと思います。

ただ、初日の出前の時間から
道路がかなり渋滞してしまい
初日の出に間に合わない方も
大勢いる
とのことなので、

時間がぎりぎりになってしまったら
車は遠くに停めて、
長距離を歩いた方が賢明です。

ちなみに、日の出時間ぎりぎりでなければ
車もいい場所を確保出来るかと思いますが、
日の出が終わって少しすると

警察の方が毎年くるそうですので、
足早に帰ることになるかもしれないのが
少しネックな所です。

また、有料駐車場が1時間200円。
以降100円/30分
で284台まで停められるので
もしそこが運良く確保出来たなら
そこがいいかもしれません。

人がだんだんいなくなってくると、
いい写真が取り放題ですからね(^^)

また、羽田空港から近いこの場所は、
離陸間もない飛行機を
間近から見ることが出来ます。
25a00b30e914ee414fec037609d0895c_s
初日の出フライトをいつか夢見て、
とても新鮮な気持ちで
日の出を迎えられることが出来ます。

◆若洲海浜公園

こちらは東京ゲートブリッジに近いですが、
周囲には大きな建物などがないために
ストレスなく日の出を楽しむことが出来ます。
0e8ccd20aaf0b95f390644fdf0aba0d8_s
ただ、残念ながらここからではゲートブリッジと
上手い具合に日の出がコラボすることはありません。

しかし、日の出の逆には
太陽に照らされた寛大なゲートブリッジが
間近で見れるのはここからだけ
でしょう。

やはりこちらも、日の出時間に向けて
渋滞が発生します。

そこまで行くのには混雑は我慢するしかないですが、
実際に現地に着いてしまうと
面積が広いのでそこまで
混雑しているといった感じは受けないかと思います。

まとめ

今回は、東京で海から見れる
日の出スポットをご紹介しました。

元旦の海沿いはかなり冷え込みますので
必ず防寒対策をしっかりしていき
正月早々から風邪を引いてしまわないように
気をつけましょう。

スポンサードリンク

どんどんシェアして下さいm(_ _)m

コメントを残す