おみくじでよく見る待ち人の意味とは 来るか来ずかは自分次第

初詣に行かれる方は
おみくじを引く方も多いと思います。

おみくじの内容が良ければ財布にしまってお守りにしたり、
逆に悪い場合は境内のおみくじ結びの所に
結んでご祈願するとよいですね。

しかし、おみくじって昔の言葉で書かれていますから
いまいち意味がわからない場合もあります。

その中でも、「待ち人」というキーワードが
特に気になりますよね。

待ち人の本当の意味はなんなのか、
今後どうすれば良い方向に進むのか
しっかり見ていきましょう。

スポンサードリンク

おみくじでよく見かける待ち人の意味は?

待ち人とだけ聞くと、

「私が待っている運命の恋人」
と思いがちですよね。

恋人がいない方にとってはそれは
恋愛のパートナーとしての意味を持ちますが
では結婚してる方にとっては
そうではありません。

既にパートナーがいる方にとっては
「赤ちゃん」を授かるという意味も持ち合わせます。

そして、恋愛や赤ちゃん以外にも、
自分の人生にとって
運命を変えるきっかけを与えてくれる人。
それは友人仕事の同僚先輩だったり
する場合もあります。

「待ち人」とは、おみくじに書いてある内容が良かれ悪かれ
自分の人生を良い方向に導いてくれる
運命の人が現れる可能性を示唆しているものです。

例えば、恋人を紹介してくれる友人があれば
待ち人とはその友人かもしれません。

そして、それは自分の行動一つで
恋人にしたり結婚のパートナーにする可能性も
十分に秘めています。

運命を切り開くのは、結局は
自分がどう行動するか次第ですからね。

おみくじに待ち人来ると書いてあったら?

おみくじに、
「待ち人来たる」と書いてあるからと言って
それが良い方向にいくか悪い方向にいくかは
“自分の行動”にかかっていると言えます。

そのおみくじにかいてある内容が
良い場合は、自分が悪い行いをしなければ
それは自然と良い方向に向かってくれるでしょう。

しかし、悪い内容、例えば
「待ち人来ず」と書いてあった場合
それが必ず来ない訳ではありません。

自分の努力次第でどうにか
運命を変えることは可能です。

おみくじとは、一種の戒めであり
自分が今年一年どう行動していけばよいか
神様が導いてくれる不思議なおまじないのようなもの。

スポンサードリンク

良いことが書いてあったからと言って
怠けてしまうような人はもしかしたら
逆に悪い一年になってしまう可能性もありますので
要注意
です。

おみくじの結果が凶だった 待ち人来ず…

225ea87e2a30d85632965827f1b0675e_s
あなたがもし、おみくじで
を引いてしまった場合は
きっとうなだれて落ち込んでしまう方もいるでしょう。
しかし、神社やお寺によっては
それが最低段階ではない場合もあります。

基本的におみくじの内容は
7段階と12段階に分かれています。

一般的な7段階の場合
大吉 > 中吉 > 小吉 > 吉 > 末吉 > 凶 > 大凶
12段階の場合
大吉 > 中吉 > 小吉 > 吉 > 半吉 > 末吉 > 末小吉 > 凶 > 小凶 > 半凶 > 末凶 > 大凶
では、を引いた方はこれを見て
まだ一番下じゃないから良かったと
安心しないで下さい。

書いてある内容を神様からの
戒めの言葉としてしっかりと受け止め、
財布に入れて時々読み返すのもよいでしょう。

結んでしまうと、その書いてある内容は
いずれ忘れてしまう場合があります。

内容が悪かったと言って、結ぶ必要はありません。
逆に、書いてあることが悪いほど
自分の行動を正していく必要がありますので
是非、時々は読んで慎んだ行動を心掛けて行きましょう。

また、大吉だった人も
その時はもちろん喜んでいいですが、
全ていいことが書いてある訳ではありません。

「なんでだよ~」

と、神様の言葉を無下にしてしまうと
罰が当たってしまいます。

ここは、ぬか喜びせず
行動を改めていきましょう。

まとめ

・待ち人とは、恋愛のパートナー、赤ちゃん、友人など様々
・おみくじは持ち帰って時々読み返す
・内容は神様からのお告げ
・大吉でも喜んでいるだけではいけない
・大凶や凶でも自分の行動一つで運命を変えていける

おみくじは、その年最初の運試しとも言いますが、
今年一年、何に気をつければよいかという
自分の指標にもなります。

しっかりと読み、悪いことが書いてあったら
その行動に気を付けて自分で
運命を切り開いていきましょう。

スポンサードリンク

どんどんシェアして下さいm(_ _)m

コメントを残す