正月の鏡餅はいつからいつまで飾るのか 上に乗ってるみかんはどうする?

お正月になると、鏡餅を飾るご家庭が
多いですよね。

でも、いつから飾るのが
正しいか知っていますか?

また、いつまでに食べるのがいいのか。

カビが生える前に食べたいですもんね^^;

今回は、そんな鏡餅にまつわる悩みを
解消していきます。

スポンサードリンク

鏡餅はいつから飾る?

正月飾りはクリスマスが終わって、
着々と準備されてきますよね。

大晦日に飾る?それとももうちょっと前?

まず、大晦日NGです。

12月31日は「一夜限り」とされ、
縁起が悪いとされます。

また29日は、苦(9)があることからも
あまり好ましいとは言えません。

鏡餅はなるべく早めに、余裕をもって
お供えすることを推奨いたしますので、
クリスマスが終わってちょっと一息をつき、
27、28日頃から飾るのが望ましいでしょう。

30日だと、ちょっとぎりぎり過ぎて
あまり余裕をもったとは言えないですからね^^;

新しい年に神様をお迎えする意味がありますので、
余裕を持ってお迎えいたしましょう。

鏡餅はいつまで飾る?

一般的に、鏡餅を食べるのは
「鏡開き」を行ってから。

鏡開きとは、お供えしてあるお餅を
棚から下げることを言いますが、
世間的に1月11日とされています。

スポンサードリンク

地方によっても日が異なると思いますが、
あまりずっとお供えしていても
カビが生えてしまったりして
食べられなくなってしまいますので
ご注意下さい。

新年早々、食中毒になるなんて
嫌ですからね…^^;
また、カビが生えてしまった場合は、
そこだけ切り落としてあげれば、
問題なく食べれます。

カビが生えないようにするには
屋外に近い、空気の換気がされた場所
お供えするといいでしょう。

鏡餅の上に乗ってるみかんはどうする?

市販で売っているものは
プラスチック製の物が乗っていたりもしますが、
これ本来はみかんではないんですね。

「橙(だいだい)」と呼ばれる柑橘系なんですが、
意味は「代々」からきていて、

「家が代々続いていきますように」

という願いが込められています。

みかんがダメではないですが、
理想は橙(だいだい)という果実をお供えするのが
いいということですね(^^)

また、橙は食べられませんが、
みかんをお供えしているならば
腐る前に食べてしまいましょう。

神様に向けてのお供え物ですので、
腐ったものなんて置きっぱなしにしてたら
罰当たりです。

悪くなってしまいそうだったら
古い物を食べ、鏡開きで下げるまでは
新しいみかんをお供えしましょう。

まとめ

鏡餅は神様へのお供え物です。

新年をお迎えするとともに、
新たな1年の無病息災を祈る気持ち
表れもあります。

余裕を持った準備をし、
また、食べる時は皆で
美味しくいただきましょう(^^)

スポンサードリンク

どんどんシェアして下さいm(_ _)m

コメントを残す