自宅での寒さ対策 廊下の冷え込みはこれで解決!

自宅のリビングやお部屋は
暖か~いのに、
一度廊下に出てしまうと
強烈に寒かったりしますよね。

あの廊下の嫌な寒さ、
どうにかして回避できないものか…

と、お悩みではないでしょうか。

今回は、そんな廊下の冷え込みを
少しでも和らげる方法をご紹介します。

スポンサードリンク

寒さ対策 廊下にはカーペットを敷こう

廊下にはカーペットを敷いていますか?

また、カーペットの下には
なにか工夫を施していますか?

もし、フローリングの上に直接カーペットを敷いているのなら
まだ暖かくなる見込みがあります。

カーペットの下には、
アルミの遮熱シートを敷いて上げることで
かなりの保温効果が期待出来ます。

冷気は、下に溜まってしまうもの。
その冷気がフローリングの温度を下げてしまうのですが、
アルミのシートを敷くことによって
カーペットとの間に空気層が出来ます。

その、空気層が作られることで
床の温度が直接伝わらないように
なっているのです。

また、もっと簡単に、安く済ませる方法としては
ダンボールなどでも代用することが可能です。

ダンボールにも空気層がありますので
しっかりとしの役割を果たしてくれます。

ダンボールだけだと滑ってしまうので
下に滑り止めを敷きましょう。

スポンサードリンク

ただ、あくまでダンボールですので
長年使用しているとどんどん空気層が潰れていって
その本来の効果が薄れていってしまいますので、
ずっと使用するという意味では
遮熱シートが無難
かもしれません。

廊下にはストーブを置こう

床の対策は、カーペットの下に遮熱シート。

では、廊下の空気を暖めるなら
やはり暖房器具ですよね。

廊下には、小さい電気ストーブを置いておきましょう。

でも、電気ストーブって
電気代を食うんですよね^^;

400Wぐらいの電気ストーブを
半日とか付けっぱなしにするだけで
100円近く行ってしまう計算になります。

ここは、タイマー付きの電気ストーブを買うか
暖かくなったら消すなどの
こまめな工夫が必要になるかもしれませんね。

ちなみに、1000wのものを買うのなら、
400wぐらいの小さい電気ストーブを2つ買って
廊下の端と端に置いた方が効果的かもしれません。
また、電気代もそちらの方が安いので
おすすめですよ(^^)

まとめ

廊下は非常に寒いですよね。

お風呂に行くまでが辛い…

そうならないように、
今回ご紹介した工夫を取り入れて
少しでも暖かい廊下にしていきましょう。

また、血圧の上がり下がりが非常に高いのが
廊下や脱衣所
ですので
事故病気の発症を防ぐ為にも
そういった工夫は必ずしていきましょう。

スポンサードリンク

どんどんシェアして下さいm(_ _)m

コメントを残す