冬寝る時寒い 冷え対策は肩凝り防止になる?

1bdeffe6d24e4f5008071dc0df27908e_s

冬は寝る時に寒さが
睡眠の妨げになってしまい
なかなか眠れないものですよね。

寝る時はやはり、身体をしっかり暖めて
質のいい睡眠を取りたいものです。

今回は、冬場の寒い時期に
寝る時の寒さ対策をご紹介します。

スポンサードリンク

冬に寝る時寒い!

掛け布団に毛布を使っても
なかなか暖まらない時ありますよね?

これはもしかしたら敷布団に原因があるかもしれません。

もし、背中が寒いのであれば
敷き布団が原因でしょう。

毛布をもし羽織っているのなら、
それを敷布団の上に掛けて
毛布の上に寝てみて下さい。

毛布というのは実は、
掛けるより敷いて寝たほうが
身体が暖まるのです。

なぜでしょうか?

それは、布団の中の熱は
下へ下へと逃げていってしまうからです。
毛布を下に敷くことによって、
熱を逃がさないように毛布バリアーで
防いでくれるのですね。

ということは、掛け布団の上に
さらに毛布を乗っけると、
熱の逃げ場はかなり少なく
なってきます。

ですから、自分の上下に毛布でガードすれば、
熱も逃げずに暖かい温度を
ずっと保っていてくれるということです。

ですので理想は、毛布を2枚使用して
さらに上に掛ける毛布は
掛け布団の上に乗せて掛けることです。

そうすることで、熱のサンドイッチに
挟まれた気分になって包み込まれるような
暖かさを実感出来ることと思います。

寝る時寒い 他に対策はないの?

もし、それでも十分な暖かさが実感出来ないようであれば
電気毛布を使うといいでしょう。

電気ストーブのように、
電気代を気にするようなことはありません。

電気ストーブに使用する電力は
大抵400~1000W程です。

しかし、電気毛布に使用する電力は
そのおよそ10分の1以下の50W程です。

毎日8時間使っても
1ヶ月あたり500円もしません

もしかしたら、300円ぐらいで済んでしまいます。

この値段で暖かく寝られるなら
全然安いですよね(^^)

冬を1000円以内で過ごせるかもしれません。

掛け布団→電気毛布→毛布の順に掛けて使用しましょう♪

寝る時肩が寒い 実は冷えは肩凝りの原因になる!?

実は、肩凝りって冷えから
くる場合もある
んです。

寒いと血行が悪くなってしまい、
肩凝りに繋がってしまいます。

そうなるのを防ぐ為にも、
首元、肩を他の部位以上に
暖めて上げる必要があります。

スポンサードリンク

実は、首元を温めると
身体の芯から暖まるんです。

お風呂に入った際などは、
シャワーを鎖骨あたりや
首元の後ろに当てて上げると
血行が促進され身体の芯から温まってくれます。

ストーブなどは表面だけで
暖かいと感じますが、
あれでは芯から温まったとは言えません。

ストーブから離れると
すっごく寒いですよね?

あれが、芯から暖まっていない証拠です。

では、寝る時に寒い。
そして肩凝りを防止したい。
という場合にはどうしたらよいか?

ショルダーウォーマーをご存知ですか?

簡単に言えば、肩の毛布です。
こういった、便利グッズを使用するのも
一つの手です。

どんなに対策していても、
「朝起きたら寒い…」

なんてことありますよね?

もしかしたら、さらけ出された
肩が冷えてその原因を作っているかもしれません。

そんな方は特に、肩専用の毛布を購入することをおすすめします。

掛け布団を肩まで掛けていても、
やはり完全には覆いつくせませんからね。

ご参考までに、どんな商品かを見てみて下さい。

まとめ

今回は、寝る時に寒さを防ぐ対策をご紹介しました。

毛布は下に敷いて寝る。
さらに掛け布団の上には電気毛布、
その上にさらにまた毛布。

肩専用の毛布。

冬場の寒さ対策は、
暖房器具などを駆使して
行いますが今回は
電気代を極力抑えた
エコな工夫をご紹介しました。

電気毛布は電気代を気にせず
ご使用いただけるのが魅力的ですね(^^)

しっかりとした対策を行い、
是非質の良い睡眠を取って
気持ちのいい朝を迎えて下さい。

スポンサードリンク

どんどんシェアして下さいm(_ _)m

コメントを残す