七五三って男の子も3歳の時にやるの?いつ?着物とかは…

もうすぐ七五三の季節ですね。

今年3歳になったお子さんをお持ちの親御さんは
どうしようか気になる頃だと思います。

「うちは男の子だけど、3歳でやった方がいいのかな…」

と悩んでらっしゃるかと思います。

男の子はやんちゃですもんね^^;
特にいやいや期での
七五三のような行事に参加することは
火に油を注ぐようなもの。

でも、親御さんにとっては
一生の思い出を作りたいですよね?

どうしようか悩んでいらっしゃったら
是非この記事を読んで参考になさって下さい。

スポンサードリンク

七五三は今年3歳の男の子もやるの?

そもそもの七五三の由来や基本を見ていきましょう。

起源は室町時代。

江戸時代の武家社会を中心に関東から全国へ広まったとされている。

当時は乳幼児の死亡率が高く、生まれてから3?4年たってから
現在の戸籍にあたる人別帳や氏子台帳に登録した。
その為、七五三のお祝いはこれまで無事に成長してきたことへの感謝と
それぞれの節目に、これからの将来と長寿を願う意味を持っていたのである。

3歳・5歳・7歳の子供のお祝い自体は平安時代からあったようだが、
それぞれ別の日に行われていた。

11月15日に祝うこととなったのは、この日が二十八宿の鬼宿日(きしゅくにち)にあたり、
婚礼以外は何事の祝い事にも吉とされていたから。。
また、旧暦の11月は、秋の実りを神に感謝する月であり、
その満月にあたる15日に
氏神に収穫の感謝とともに子供の成長を感謝した。

・3歳・・・男の子・女の子  ”髪置(かみおき)”

昔は、病気予防の為に髪を切っておく風習があり、
3歳を迎えたことでその日から髪を伸ばし始めることから。

・5歳・・・男の子 ”袴着(はかまぎ)”

男児が初めて袴を着ることから。

・7歳・・・女の子 着物帯の装い始め”帯解(おびとき)”

女児が初めて帯を結ぶことから。

上記の七五三のお祝いを見てみると、
習わし上では男の子は3歳と5歳の時に
やるようですね(^^)

しかし、七五三の風習って、
その地域によって習わしが
様々なんです。

ですので、お住まいの地域の風習に沿って
やる方が一番いい
ですよね(^^)

お住まいの地域の神社に一度
電話して問い合わてみましょう。

その時に、今年3歳の男の子で七五三について
尋ねてみると、神主さんが解決してくれるはずです( ´∀`)b

ついでに、日時や初穂料(はつほりょう)なども一緒に
聞いてみるといいですね♪

七五三って男の子はいつやるの

基本七五三と言えば
11月15日です。

基本的に3歳であれば
満年齢でお祝いをするのが一般的ですので
数え年というのは気になさる必要は
ありません。

スポンサードリンク

数え年について詳しく知りたい方は
七五三で男の子がやるのは5歳の時だけ?数え年って何?衣装は…
を参照になさって下さい。

数え歳というのはあくまで
昔からそういう習わしというだけであって、
それを守らないからマナー違反!
とかではないのでご安心下さいね(^^)

11月15日とありますが、
その日に近い土日にやるか、
混むことが懸念されますので
一ヶ月ずらしてやるかは
お近くの神社でご相談しましょう。

ちなみに北海道では11月となると
寒くなってきますので、
10月15日が七五三の日と
なってるそうですよ(^^)

七五三の3歳の時の着物ってどうするの

もし、お宮参りの時に初着(産着)を購入されているのであれば、
一度それをお子さんに着せてみて
肩上げ、腰上げが必要かどうかを確認します。
着丈、裄丈、身長を確認し
ご購入されたお店でお願いをすれば
大体1万円前後で見上げ加工をしてくれるみたいですよ(^^)

また、自分でも見上げの調節は可能みたいですので
是非そこはどちらにするか
検討なさって下さい。

そちらの加工した初着(産着)と袴、
又は初着(産着)と被布コートで
合わせて着用することが多いようです。

袴、又は被布コートは別途購入が
必要になります。

3歳の男の子は
やはり着物をずっと着て
写真やら、参拝やら…
は大変ですよね^^;

やはり多くの方はそれが理由で
写真館でレンタルして、
そこでのみ着物を着ることが多いみたいですよ(^^)

まとめ

冒頭でも説明した通り…
3歳の男の子は本当にやんちゃで
いやいや期まっただ中。

というお子さんも多いのが実情です。

写真を収めて思い出を作ることが
親御さんにとって一番の
願いだとは思いますが、
七五三の本来の目的は
子供のこれまでの成長と健康をお祝いする儀式

袴を着ての写真が撮れそうにないなと思ったら、
家族、またご両親がいらしたら集合写真だけでも撮りましょう♪

あとは、神社での参拝や、
ご両親と一緒に会食して…
これぐらいが一般的だそうですよ(^^)

なかなか忙しく、
参拝なども行けない方は
ご家庭で夫婦・お子さんと一緒に
ちょっと豪華なお食事にしてみるだけでも
いい
と思います。

その時の光景をカメラでパシャっと
思い出に残しておけばいいですもんね(`・ω・´)

七五三の機会に是非
一生に残る思い出を作って、
これからもお子さんの成長を
見守っていって上げて下さいね(^^)

スポンサードリンク

どんどんシェアして下さいm(_ _)m

コメントを残す