七五三で男の子がやるのは5歳の時だけ?数え年って何?衣装は…

もうすぐ七五三の季節。

5歳の男の子を持つ親御さんは
七五三は“今年から”という方も
多いのではないでしょうか。

「3歳の時はまだ小さいし、やんちゃだし…」

と、5歳で初めて七五三を迎える男の子の親も
多いようですよ(^^)

ここでは、5歳の男の子が初めて七五三を迎える
親御さんの為に記事をまとめましたので
是非ご参考になさって下さい。

スポンサードリンク

七五三って男の子は5歳から?

七五三って…男の子も3歳の時にやるの?いつ?着物とかは…
でも説明したのですが、
ここでも一度、七五三のそもそもの
由来を見ていきましょう。

起源は室町時代。

江戸時代の武家社会を中心に関東から全国へ広まったとされている。

当時は乳幼児の死亡率が高く、生まれてから3?4年たってから現在の戸籍にあたる人別帳や氏子台帳に登録した。
その為、七五三のお祝いはこれまで無事に成長してきたことへの感謝と
それぞれの節目に、これからの将来と長寿を願う意味を持っていたのである。

3歳・5歳・7歳の子供のお祝い自体は平安時代からあったようだが、
それぞれ別の日に行われていた。

11月15日に祝うこととなったのは、この日が二十八宿の鬼宿日(きしゅくにち)にあたり、
婚礼以外は何事の祝い事にも吉とされていたから。。
また、旧暦の11月は、秋の実りを神に感謝する月であり、その満月にあたる15日に、
氏神に収穫の感謝とともに子供の成長を感謝した。

・3歳・・・男の子・女の子  ”髪置(かみおき)”

昔は、病気予防の為に髪を切っておく風習があり、
3歳を迎えたことでその日から髪を伸ばし始めることから。

・5歳・・・男の子 ”袴着(はかまぎ)”

男児が初めて袴を着ることから。

・7歳・・・女の子 着物帯の装い始め”帯解(おびとき)”

女児が初めて帯を結ぶことから。

昔から

「七五三は男の子は5歳から!」

と言われているようですが、
もっと昔から七五三は
3歳と5歳でやるという
習わしがあるようですね(^^)

しかし、七五三は
その地域によって習わしが様々ですので、
お住まいの地域の風習に沿って
やる方が一番いい
ですよね(^^)

お住まいの地域の神社に一度
電話して問い合わてみましょう。

その時に、今年5歳の男の子で七五三について
尋ねてみると、神主さんが解決してくれるはずです( ´∀`)b

ついでに、日時や初穂料(はつほりょう)なども一緒に
聞いてみるといいですね♪

七五三で男の子が5歳でやるのはわかったけど、数え年でお祝いした方がいいの?

“数え年”
数え方はご存知ですか?

数え年とは、生まれた時を1歳とし
以降元日を迎える度に
年齢を加算していく。
というものです。

スポンサードリンク

極端な例を挙げていきますね(^^)

12月31日の大晦日に生まれた子がいるとします。
その子はその時点で数え年で1歳、
翌日の元日には2歳と数えます。

(年を取るのは早いものですな~)←

もっと詳しい例を挙げると、
平成27年11月15日の七五三に
数え年3歳でお祝いをする場合、
平成25年12月31日生まれの子は
それに該当してしまうのです。

まだ1歳と11ヶ月なのに…

オムツまだ履いとるわ!
とツッコミを入れてしまいたくなりますね^^;

ですが、数え年3歳で七五三を迎えることは
ほとんどないそうで、
満年齢3歳で迎えるのが一般的なようです。

今回の場合は5歳の男の子ですので、
満年齢か数え年かは
周りのママ友さんやご両親に相談したり
地域の習わしに沿って
検討してみて下さい
ね(^^)

念の為に表を作りましたので
ご参考までに。

平成27年(2015年)の七五三の早見表

  

  

  

  

年齢 数え年 満年齢
3歳 平成25年(2013年)生まれ 平成24年(2012年)生まれ
5歳 平成23年(2011年)生まれ 平成22年(2010年)生まれ
7歳 平成21年(2009年)生まれ 平成20年(2008年)生まれ

七五三での男の子の5歳の時の衣装はどうしよう

お宮参り初着(産着)を購入されているのであれば、
5歳であっても
ご購入されたお店でお願いをすれば
大体1万円前後で見上げ加工をしてくれるみたいですよ(^^)

また、自分でも見上げの調節は可能みたいですので
是非そこはどちらにするか
検討なさって下さい。

5歳の七五三の正装は、
加工した初着(産着)の上に
羽織を着て、袴を付ける必要があるので
別途購入が必要です。

しかし、羽織をしないご家庭もあるようなので
袴だけの購入でも
かっこよく仕上がると思いますよ( ・`ω・´)

なので、金額的に高く付いてしまうので、
多くの方は着物は
写真館でレンタルしてそこでのみ着用し、

参拝などは小学校入学を控えてますので、
先にスーツを購入してしまって
それを着せていく親御さんが多いみたいですよ(^^)

スーツもあとで見上げ調節は
可能
ですもんね♪

まとめ

七五三は地域によってその風習は様々ですが、
もしかしたら七五三の行事として
写真を収めるのは
5歳の男の子にとって
最初で最後になるかもしれません。

親御さんにとって、
またお子さんが大きくなった時にも
一生の思い出になることかと思いますので、
是非この機会にどうするべきか
ご両親などと相談してみて下さい。

これからの健やかなお子さんの成長を
暖かく見守っていって下さいね♪

スポンサードリンク

どんどんシェアして下さいm(_ _)m

コメントを残す