冬にダニが布団にこびりつく!発生を抑えてダニ退治するには?

cdc4502d2f8c80650572e6c1509e88f8_s

冬は虫とは無縁の季節のイメージですが、
寒い冬にもダニはしつこく存在します。

最近の暖房設備や家の構造により、
本来なら生息することの出来ないダニを
生き延ばせてしまっている訳です。

便利な反面、ダニにも
いい環境を作ってしまっているんですね。

では、冬のダニ退治はどう行えばいいのか
見ていきましょう。

スポンサードリンク

冬でもダニが布団にたくさんいる!

ダニは、多湿を好みます。

乾燥した時期、よくやってしまいがちなのが
加湿器の多用。

加湿器は、肌や喉の乾燥を防ぐのに
うってつけですが、
同時にダニにとって
好環境を作っています。

ダニは、湿度が55%以上になると
活動が活発になります。
では、湿度計の数値を55%以下に保てば
発生は抑えられるか、というとそうではありません。

布団には、人間の汗が吸収されるので
湿気を保ちやすく、
湿度計の数値とは湿気の量が大きく異なります。

所で、ダニって何を主にエサにして
生きているかご存知ですか?

彼らは、人間の汗やフケ髪の毛やアカ
終いには、皮膚まで食べてしまうんです。。。

皮膚と行っても、剥離物です。
簡単に言えば、夏の日に焼けた皮膚が
ぼろぼろとこぼれおちる、あれを食べます。

そう考えると、ベッド・布団の上って
ダニにとってはまるで天国ですよね。

とうとう見つけた…
ここがオアシス!!!

ばりに、かなり住みよい環境だと思います。

だって、食料に困ることは
ほぼないんですから!!

人間って、寝る時にコップ一杯分の汗をかく
とよく言いますよね?

だとしたら、それだけで一体
何万匹のダニが豊かに暮らせるんでしょうか。

考えただけで気味が悪いです。

その上、寝ている間中
加湿器を付けっぱなしにしてみて下さい。

ダニのパラダイスキングダムの完成です。

ちょっと、オーバーですが
ダニにとっては本当にそれぐらい好環境を
作ってしまっているんです。

加湿器を付ける際は、
湿度計の数値を気にしながら
調整
した方がいいですね。

寝る間に加湿器を付けっぱなしにするのであれば、
起きたらすぐさま窓を開けて
部屋の換気をし、綺麗な空気を部屋に送り込みましょう。

冬でもダニが発生してしまう原因ってなんだろう

やはり、加湿器の使用が一つと、
冬場は乾燥時期ですので、
皮膚がカサカサしてそれがこぼれたり、
頭皮が乾燥しがちフケが出たりなんかします。

そういった、適した湿度
豊富なエサがあることによって
冬でも生息することが可能なんですね。

でも、難しい所です。
加湿器をいざ消すにも、
肌や喉がやられたんじゃ、
2次災害を受けたようなものですからね。

このやっかいでしぶといダニ。

なにかいい駆除や退治方法はないのか。

と考えますよね。

次に、退治方法をご紹介します。

冬でもしぶといダニ退治するにはこれだ!!

ダニを完全に死滅させるには、
摂氏50℃以上の熱を20秒ほど当てる必要があります。

その為、業務用の乾燥機を使用するのが
一番てっとり早いです。

コインランドリーに行って
大型乾燥機に、布団まるごと乾燥させましょう。

これでダニはほぼ死滅します。

と言っても、寒い冬場ですから
なかなか布団を持って
コインランドリーまで…
というのは大変ですよね。

車ありき、での話になってしまいますから。

それと、どんなにダニ対策を取っていても
どの家庭にも数百匹はいるものだと思って下さい。

スポンサードリンク

これは、プロの業者にやってもらっても同じことです。

「そもそも、ダニは人間にとって有害なんですか?」

ダニにも種類があり、
実際に人間に刺したりと
危害を加えてくるダニもいますが、
基本的にダニ自体は問題ありません。

問題なのはダニの死骸とフン

これらが、人間にとってアレルギーとなり
最悪の場合、アナフィラキシーショックを引き起こし
生命に関わる可能性もあります。

アナフィラキシー?
アナフィラキシーによる症状は、
発症後、短時間で身体に影響が出てきます。

皮膚、粘膜、呼吸器などの複数の臓器に表れ、
血圧の低下や意識障害なども起こります。

では、問題のその死骸やフンをある程度取り除けば
ダニを完全に死滅させなくても
そのリスクは抑えられる訳ですね。

では、
コインランドリーなんて行かなくて済む、
より簡単にダニを死滅させて死骸やフンも取り除く方法は?

まず、ダニを死滅させるのは
高熱を当てる必要性があります。

スチームアイロンをお持ちですか?

結構めんどうな作業ですが、気になるところ全体に
ゆっく~りとアイロンを押し当てていって下さい。

これが、確実に効果を発揮し
ダニを死滅させてくれます。

ただ、マットレスやカーペットにやる場合は、
必ず当て布を使用して下さい。
タオルを水で濡らし、固く絞ったもので大丈夫です。

そして、ダニが死滅したら、今度は死骸とフン

こいつらは掃除機で吸い上げましょう。

しかし、通常の掃除機を使用するのは衛生的にも
あまり乗り気にならないですよね。
ましてや、吸引力も望めず…

でも、そんな悩みはこれさえあれば
確実に取り除けます。



少し、値段が張りますが
コインランドリーに何度も行くなら
毎日これで掃除した方が
安心感もあるし、何より楽チンですよね(^^)

でも掃除機ってうるさいのは
とてつもなくうるさいですよね。

ダイソンって、吸引力が何倍とかって謳ってるぐらいだから
私はかなりうるさいイメージを持っていました。

しかし、私の職場がちょっと特殊で
掃除機を使う機会あったのですが、
下記の型の物をこの前買ってたんですね。

最も吸引力の高い コードレスハンディクリーナー DC61モーターヘッド

で、私も早速使ってみたんですが、
まず吸引力にやっぱり驚きました(笑)

で、もっと驚いたのが、

「この吸引力でこの音!?」

と、すごい吸う割には音が
思ってた以上に小さかったんです。

これなら、自宅で毎日使っても
ストレス感じないなー
と思いました。

布団専用の掃除機も、
この温暖化でダニが生き延びるの世の中、
必須アイテムになってくるのかもしれません。

まとめ

ダニを死滅させるには
高熱で完全除去

その為に簡単に自宅で出来る対策は

スチームアイロンでダニを死滅させ、
死骸やフンを掃除機で強力に吸い取って上げること。

これを、湿気が気になる時に
こまめにやって上げることが大切です。

また、日頃の空気の入れ替えや
除湿も大事
ですので
換気もまめにしていき、
ダニとは無縁の生活を送りましょう。

スポンサードリンク

どんどんシェアして下さいm(_ _)m

コメントを残す