結婚式場はいつ決める?正しい決め方をして安くする方法

結婚式場の下見・見学、どこにするかなど
一生に一度のイベントですから
慎重になりますよね。

しかも、初めての経験だから
わからないことだらけ!

「いつ決めるの?」
「値段の相場は?」

など、いろいろ考えることがありますよね。

今回は、結婚式場を決めるのはいつから探して
いつ決めるのがいいかをご紹介します。

スポンサードリンク

結婚式場はいつ決めるの?

これは、結婚式場を選ぶ際に
かなり重要な点になります。

準備期間に余裕を持ちたい方、
人気の式場を確保しておきたい方は
1年前から既に予約をしてしまっている方も
実は非常に多いです。

やはり、カレンダーで言う“大安”の日に
式場が取れたことや、
日取りは絶対にこの日がいい!
という願望がある場合は
定員が埋まるのを恐れて予約してしまうようですが、

おすすめは半年前です。

理由は…

・半年という、余裕過ぎない期間で効率よく準備が出来る

・式場によっては、割引が適用される

・スパンがないので、キャンセル等を考えない

などが挙げられます。

上記でキャンセルのことを言いましたが、
実は式当日の1年前ぐらいから予約している方で
式場のキャンセルが結構多いんです…。

「やっぱりこっちの式場の方がいい!」

ということで、変更してしまうケースがあるようですね。

余裕を持ちすぎると、選択肢の幅が広がりすぎてしまいますから
意外と少ない期間でやった方が
いい式場を確保出来るのかもしれませんね。

ただ、下見・見学資料請求などは
1年前からゆっくり選ぶことがポイントです。

完全に、日取りを決めて予約をするのが
半年前ということです。

「でも、半年前に式場予約って…間に合うの?」

絶対に、ここの会場がいい!
という思いがあるなら
少し難しいかもしれません。

土日に上げるのがほとんどですので、
日取りもこの日がいいという思いがあるなら
もっと難しいです。

ただ、式場もいくつか候補があって、
日取りも土日なら、ある程度どこでも!

という場合は予約を取れる可能性がかなり高いです。

また実際に、結婚式の準備に本格的に取り掛かるのは
3~4ヶ月ぐらい前から

効率良く動く為にはある
大まかなスケジュールを組んでいた方が良いですね。

結婚式場の決め方

まず、ネットなどで検索して出てきた
会場でお気に入りをいくつか挙げます。

スポンサードリンク
そして、それらの式場の資料請求を行いましょう。

実際に、休みの日に式場に行って

「あー、やっぱりいいね!」

となったら、見積もりを出してもらいます。

これを、お気に入りの候補に挙がった会場を
全部見回りましょう。

ここで、式場のそれぞれの良かった点などを
自分なりにまとめておくと、
さらに探す時に着眼点が変わって
探しやすくなるのでおすすめです♪

しかし、実際に見積もりを出して
大体の結婚式場に掛かる金額が出てきますが、

「高い…」

そう思うかもしれません。
しかし、半年前の予約なら
安くなるケースもある
んです。

結婚式場を安くするには?

やはり、結婚式場会場は1年前から予約。
という概念が強い中で、
実際は、それぞれのスケジュールがありますから

いつでも埋まっている時は埋まっている。
空いている時は空いているんです。

だって、皆が同じ期間から
スタートする訳ではありませんもんね?

だから、半年前になっても
「予約が取れないかも!」
焦る必要性は全くありません。

例えば、東京でかなり人気の式場でも
半年前ならプランによって
なんと100万円も安くなる場合もあるんです。

アヴァンセ リアン 東京 AVANCER LIEN TOKYO


60名の場合   276.1万円→169.8万円 ( 106.3万円OFF )

このように、1年前ならもっと高かったケースも
半年前なら格安で式場を抑えられる場合もあるんですね。

まずは、半年前に予約を取るために
1年前からの下見をしていきましょう。

ブライダルフェアの予約はすぐ婚navi

まとめ

式場を決める際に、
早めの予約をしてしまいがちですが
必ず半年前でもお気に入りの式場は
確保出来ます。

焦らず、効率的に式場を確保して
素敵な結婚式になることを祈っています。

スポンサードリンク

どんどんシェアして下さいm(_ _)m

コメントを残す