七五三って女の子は3歳の時にやるの?着物とか髪型は…

七五三の時期がそろそろ
やってきます。

女の子のお子さんをお持ちの方は
髪型や着物でどうすればいいの…

と悩んでいらっしゃることかと思います。

まだ幼いと言えど“女の子”

3歳の時ってどうすればいいんだろう…

そんなお悩みをお持ちの方の為にまとめましたので
是非ご参考になさって下さい。

スポンサードリンク

七五三って女の子は3歳の時もやるの?

七五三って…男の子も3歳の時にやるの?いつ?着物とかは…
でも説明しているのですが、
そもそもの七五三の由来を見ていきましょう。

起源は室町時代。

江戸時代の武家社会を中心に関東から全国へ広まったとされている。

当時は乳幼児の死亡率が高く、生まれてから3?4年たってから現在の戸籍にあたる人別帳や氏子台帳に登録した。
その為、七五三のお祝いはこれまで無事に成長してきたことへの感謝と
それぞれの節目に、これからの将来と長寿を願う意味を持っていたのである。

3歳・5歳・7歳の子供のお祝い自体は平安時代からあったようだが、
それぞれ別の日に行われていた。

11月15日に祝うこととなったのは、この日が二十八宿の鬼宿日(きしゅくにち)にあたり、
婚礼以外は何事の祝い事にも吉とされていたから。。
また、旧暦の11月は、秋の実りを神に感謝する月であり、その満月にあたる15日に、
氏神に収穫の感謝とともに子供の成長を感謝した。

・3歳・・・男の子・女の子  ”髪置(かみおき)”

昔は、病気予防の為に髪を切っておく風習があり、
3歳を迎えたことでその日から髪を伸ばし始めることから。

・5歳・・・男の子 ”袴着(はかまぎ)”

男児が初めて袴を着ることから。

・7歳・・・女の子 着物帯の装い始め”帯解(おびとき)”

女児が初めて帯を結ぶことから。

上記の七五三のお祝いを見てみると、
習わし上では女の子は3歳と7歳の時に
やるようですね(^^)

しかし、七五三の風習って、
その地域によって習わしが
様々なんです。

ですので、お住まいの地域の風習に沿って
やる方が一番いい
ですよね(^^)

お住まいの地域の神社に一度
電話して問い合わてみましょう。

その時に、今年3歳の女の子で七五三について
尋ねてみると、神主さんが解決してくれるはずです( ´∀`)b

ついでに、日時や初穂料(はつほりょう)なども一緒に
聞いてみるといいですね♪

スポンサードリンク

ちなみに、11月15日とありますが、
その日に近い土日にやるか、
混むことが懸念されますので
一ヶ月ずらしてやるかはお近くの
神社でご相談しましょう。

ちなみに北海道では11月となると
寒くなってきますので、
10月15日が七五三の日と
なってるそうですよ(^^)

七五三の女の子の着物はどうすればいいの?

女の子は基本は3歳と7歳です。
満年齢か数え年のどちらでもよいです。
3歳の時は満年齢でやる方が多いですね。

数え年とは…
生まれた年を1歳とし、元日を迎える度に
年齢を加算していく。
詳しく知りたい方は
七五三で男の子がやるのは5歳の時だけ?数え年って何?衣装は…
を参照になさって下さい。

ですので、もし着物の購入を検討されてる方は
7歳の時のことを考え大きめの物を購入したいのですが、
ここで注意!

習わし上の話ではありますが、
3歳の時と7歳の時とでは
着る着物に違いがあります。

ですので“同じ着物”を着せるのは
あまりおすすめは出来ません。

しかし、昨今では
バランスを考え着回し出来るように
配慮された着物も売っている
ようなので、
もし購入を考えていらっしゃる方は
そのような着回しの出来る着物が
いいですね(^^)

ちなみに着物を着るのは
写真館でレンタルして写真を撮る時だけで、
参拝などはあまり派手でない(白や黒のワンピースなど)お洋服を着て
お参りに行ってる。
という方が多いようですよ(`・ω・´)

七五三の時の女の子の髪型は?

ドレス、着物それぞれに合った
髪型をしていくことで
とても可愛らしく仕上がります。

髪飾りでお花やティアラを付けて上げると
より一層可愛く仕上がることでしょう(^^)

口紅を塗って上げるのも
いいですね。

やはり女の子ですから、
大切な我が子の写真を収める為に
とても可愛い姿で
撮りたいものですよね。

まとめ

3歳の女の子はもちろん可愛いです。

そんな我が子の晴れの舞台での姿、
七五三と言えど
可愛い姿を収めておきたいものです。

これまでの成長のお祝い、
そしてこれからの成長と健康を願って
暖かく見守っていって下さいね(^^)

スポンサードリンク

どんどんシェアして下さいm(_ _)m

コメントを残す