トマトジュースの本当の効果と飲み方 いつ飲む?無塩のものがいいの?

トマトジュースは私たちのカラダに様々な良い影響を与えてくれます。
ですが、実際にはどう影響するのかがイマイチわかりませんよね。

今回は、トマトジュースがカラダに与えてくれる効果をまとめましたのでご参考にして下さい。

スポンサードリンク

トマトジュースの効果や飲み方は?

トマトジュースが、なぜカラダに良い影響を与えてくれるのか。

それは、トマトジュースの中の、ある代表的な2つの成分のおかげなんです。

リコピン
カリウム
恐らく、この2つの成分の名前を聞いたことがある方も多いと思います。
それぞれの解説を見ていきましょう。

リコピン
強い抗酸化力が得られ、老化防止、血糖値の低下、動脈硬化の予防、がん予防、美肌効果、ダイエット効果などがあると言われています。
特に、がん予防では肺がん、前立腺がん、乳がんに効果が期待出来るとされています。

美肌効果では、ニキビの解消、肌のキメ、しみなどにも高い効果が得られます。

ダイエット効果では、便秘解消などに期待が出来ます。

リコピンは他に、スイカやピンクグレープフルーツなどの果物にも含まれています。

抗酸化力とは?
私たちが生きていく中で蓄積されていくものに、活性酸素があります。
活性酸素は、酸素が私たちのカラダの中に取り込まれてから変化したものです。
この活性酸素は有害で、金属で言う“錆(さび)”のようなもの。

この有害な錆が、年齢とともにどんどん増えてきて、それが老化・がん細胞の増殖・動脈硬化など、様々な疾病に影響を与えます。
この活性酸素の働きを阻止する力のことを抗酸化力と呼びます。

カリウム
カリウムは私たちが生きていく上では欠かせない成分です。
そのカリウムが、トマトジュースには豊富に含まれています。

心臓機能、筋肉機能の調整などを行ってくれます。

また、私たちが多く摂取しているものにナトリウムがあります。
ポテチの袋の裏などを見ると、凄い量が含まれていたりしますが…。
このナトリウムは、塩分の摂取などにより蓄積されていくものですが、カリウムにはこのナトリウムを体外に排出してくれる働きを持っています

トマトジュースの効果的な飲み方は?

リコピンを効率よく体内に摂取するという意味合いでお話します。

トマトジュースが加熱されると、トマトの細胞壁が壊れてリコピンが外へ排出されます。

そして、トマトジュース200mlにオリーブオイル20gを加えると、私たちの体内への吸収力が通常の4倍になるんです。

作り方としては、別記事の
トマトジュースにオリーブオイルでダイエットは効果バツグン!分量は?
に、詳しく解説を書きましたのでご参考にして下さい。

トマトジュースの効果を得るにはいつのタイミングで飲むべき?

トマトジュースには、上記でダイエット効果などもあるとお話しました。
ダイエット効果をより高く得る為には、飲むタイミングも重要になってきます。

スポンサードリンク

飲むタイミングとしては、夜寝る前に飲むことをおすすめします。
摂取量もこのタイミングで1日1回、200mlで大丈夫です。

夜寝ている時というのは、私たちのカラダの中では成長ホルモンが活発に活動しています。
成長ホルモンは、ダイエットとの因果関係がとても高く、そこにリコピンが加わることによってさらにダイエットへの相乗効果が働きます。

しかし、成長ホルモンがしっかり出ていないと、この寝る前に飲むという行為は無駄になってしまいます。

ある研究結果で、こんなことが記載されていました。

平均睡眠時間が7時間の人に比べて、

・4時間以下…73%
・5時間…50%
・6時間…23%

肥満になりやすい。

※一部抜粋

・睡眠時間が短いと、肥満になりやすい
・睡眠時間が長いと、肥満になりにくい

ということになります。

ですので、トマトジュースを飲んだらたっぷりと寝ることが重要になります。
早起きの人は、夜寝る時間を早めるなどの工夫をしていきましょう。

トマトジュースは無塩のものの方が効果的?

トマトジュースには大きく分けて、2つあります。

・塩が入っているもの(有塩
・塩が入っていないもの(無塩食塩無添加

実際には、1日の摂取量200mlを有塩のもので摂取してしまうと、ナトリウム量換算で2.4gも摂取してしまいます。
これは、1日の摂取目安量の5~6gの半分近くも摂取してしまう為になるべく避けたい所ではあります。

しかし、勘のいい方はお気づきかもしれませんが、トマトジュースの成分のカリウム
これは上記でも示しましたが、塩分などで蓄積されたナトリウムを体外に排出する役割を持っています。

ということは、
有塩のトマトジュースを飲んでナトリウムを摂取しても、同時にカリウムが体外に排出してくれる為に、実際には有塩も無塩も変わらない。
という意見があります。

しかしながら、他の食事で必ず塩分は摂っているもの。
自分が普段の食事で、多くの塩分を摂っていると感じるのならば、ここは無塩のトマトジュースを選ぶのが正解です。

また、「無塩のトマトジュースは味気がなくてどうしても苦手!」
という方も、有塩のトマトジュースを飲んでもそこまで心配する必要はありませんので大丈夫ですね^^

まとめ

トマトジュースには、リコピンとカリウムが含まれている。
そこにオリーブオイルを入れて、レンジでチンするとより効果的。
トマトジュースは夜寝る前に飲んで、しっかり睡眠を取る。

ということがわかりましたね。

私たちが健康に生きていくには、自分なりの工夫というのが必要です。
トマトジュースでは、飲むだけでそれが毎日簡単に出来てしまうのでとてもおすすめです。

是非、今回ご紹介した知識を活用して健康生活を送って下さい。

スポンサードリンク

この記事が参考になりましたら、是非シェアして頂けると嬉しいです^^

関連コンテンツ

コメント

  1. ニャンチュウ より:

    こんなこと聞くのも失礼かもしれませんが、この話のソースは何処でしょうか?
    ネットなのでソースを出してくれたら嬉しいのですが…。

    • Shunya より:

      ニャンチュウさん、コメントありがとうございます。

      ソースですが、今回の記事内のどの部分についてでしょうか。
      この記事は、ネット上の記事やテレビなどから情報を集めて自分なりにまとめて書いたものでして、もちろん一つの記事からの情報だけだと信憑性に欠けるので、いくつかの記事から同一の情報を得てから書くように努めています。

      免責事項にも書いているのですが、当サイトに掲載されているすべてのコンテンツ・情報については、十分注意をし正確なものを記載するように努めてはいますが、仮に記事内容が間違っていると判断した場合はこちらで修正、または削除させて頂きます。

      ご理解頂ますよう、よろしくお願い致します。

  2. 小池ナタリア より:

    とても役にたつ説明で助かりましたー!
    これから頑張って毎日トマトジュースをとることにしていきます!(^ ^)

    • 春夜(しゅんや) より:

      こんにちは、管理人の春夜(しゅんや)です。

      コメントありがとうございます。
      お役に立てたようでよかったですm(_ _)m

      何事も、毎日続けるということは大変なことなので
      無理せずに頑張ってくださいね^^

コメントを残す