ノウハウ・方法 対策

冬の朝は寒いし起きれない!そんな人の為の対策は猫になること...?

2015年10月1日

冬の朝は大変冷え込んで

「なかなか起きれない...」

という方も多いかと思います。

今回は、冬の朝が苦手な方におすすめの
起きる方法とその対策を
記事にまとめましたのでご参考にして下さい。

冬の朝がどうしても起きれない

冬の朝は寒くて布団から出たくありませんよね。

一度起きてからの布団に潜り込んでの二度寝は
本当に気持ちいいものです(笑)

しかし、自分に甘いなと自己嫌悪に陥る必要はありません。

冬は、人の眠りが長くなる傾向があると言われています。

その理由は、

人間の体には体温や睡眠、ホルモンバランスなどを調整する
“体内時計”が備わっています。

体内時計は、毎朝太陽の光を浴びることでリセットされ
1日周期でリズムを刻みますので

しっかりと日中は身体が活発になり、
夜は自然に眠くなるのです。

しかし、冬になると日の出の時間が遅いため、その恩恵を受けにくくなってしまいます。

また、夏に比べて冬の方が太陽の光が弱い為に、日中の活動量も減少して
生活リズムに影響したり眠りの質も悪くなってしまうのです。

また、体温が低くなるのも理由の一つで、人間は体温が下がると眠くなり、上がると目覚めていきます。

雪山などでの遭難で猛吹雪の中、意識がもうろうとする

なんて場面も見たことがありますよね?

あれこそ、体温が下がり眠気が襲い掛かってくる代表的な現象とも言えます。

気温の低い冬場は身体の末端部の血行が悪くなり、体温がうまく上がりませんので、眠りが浅くなって朝目覚めにくくなってしまうのです。

冬の朝起きれない…対策は寝る前に打つ!

湯船で手足をほぐす!

就寝前の夜のお風呂で、手足の末端部の血行をよくしましょう

この時、熱すぎるお湯に浸かってしまうと身体の交感神経が働きかえって目が冴えてしまいますので、
ぬるめのお湯に長くゆっくりと浸かり身体を温めていきましょう。

就寝前はスマホ、パソコンはいじらない

それと、寝る前にスマホやパソコンを
いじる癖のある人は要注意
です。

パソコンやスマホの画面の光の影響で、眠りを誘う『睡眠ホルモン』の一種である、
メラトニンの分泌を阻害してしまいます。

メラトニンは体内時計と連動している為に、
就寝前にスマホなどをいじってばかりいると生活リズムの乱れの原因となり、
睡眠に支障をきたしてしまうのです。

寝ながらスマホをいじる癖がなかなか抜けない人は、
読書などに替えましょう。

癒やしのBGMなどを掛けたりするのもよいです。

それらの行動はリラックスすることに
つながるので自然な眠りにつくことが出来ます。

就寝前にホットミルクorホットココア

また、どうしても眠れない人は、ホットミルクを飲みましょう。

身体を温めて上げれる上に、カルシウムには安眠効果が期待できます。

また、ホットココアにはリラックス効果があるテオブロミンという物質が含まれており、ストレスを軽減する効果もあるので一石二鳥です。

冬の朝起きれない人は猫になること!

朝になってからのあのどうしようもない眠気からの脱却。
あの眠気は、それまでの睡眠の惰性からくるものです。

その眠気から解放されるには、伸びをすること。

猫のように身体を上下にぐーっと伸びをして下さい。

息を大きく吸いながら
手を強く握り締め、歯を食いしばり、目をつぶって、
全身に思いきり力を入れながら伸びをするのです。

そして伸びを解くと同時に息を吐き出します。

そうすることで全身に血が巡り
眠気も吹っ飛びます。

それでも眠い...

そんな方はもう一度同じように伸びをしましょう。

自分が満足のいく目覚めを手に入れるまで
伸びを繰り返して下さい。

この“伸び”の行為を
毎朝の習慣にすることが出来れば、
一回の伸びで気持のよい目覚めを手に入れることが出来るはずです(^^)

そしてもう一つ大事なこと。

睡眠時間は関係なしに、
起きた時に

「あ~よく寝た」

と声に出して言いましょう。

こうすることで
精神的な部分でプラスを与え、
よい睡眠だったと脳が感じてくれます。

またそう意識することで
身体的な疲れも残りづらくなるそうですよ♪

短時間睡眠の場合、

「あー…全然寝てないからやばいなぁ…」

と、無意識的にそう感じてしまう事が多々あります。
その考えをやめ、短時間睡眠でもよく寝たなぁと思うようにする事で、脳がよく寝たと錯覚するようになります。

ただし、日中は眠くなると思うのでお昼休みなどに20分程度の仮眠を取ると、午後からの活動が活発になるのでいいですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

・寝る前は身体の末端部を温め、
スマホやパソコンをいじらない。

・読書や音楽でリラックス効果を与え
自然な眠りにつく。

・寝る前のホットミルクには、
身体を温める効果と、安眠効果がある。

・起きてからは、思いっきり伸びをして
よく寝たと声に出すことで
いい目覚めを手に入れられる。

これらを習慣付けてしまえば、
冬の朝起きれないことから
脱却できるかもしれません(^^)

また、朝どうしても寒くてだめな人は
手足の末端部をもみほぐして
血行をよくしましょう。

ホッカイロなどもを寝る前に
手の届く所に用意しておく

いいですね。

これらのことを習慣化していき
厳しい冬を乗り越えていきましょう。

  • この記事を書いた人
Shunya

Shunya

当サイトへご訪問頂き、ありがとうございますm(_ _)m 20代後半で妻と2人暮らししています。 そろそろ子猫が我が家に来るので、とても楽しみにしています。 このサイトでは、普段の悩みからお出かけ情報、雑学、商品レビューなどいろいろなジャンルの記事を書いています。 何かご質問などあれば、コメント欄やお問い合わせからお願い致します。

-ノウハウ・方法, 対策
-,

Copyright© みちしらべ , 2020 All Rights Reserved.