みちしらべ

生活系、悩み系、体験記、観光スポット、雑学など様々な記事を書いています

ブライダルフェア,試食

ブライダルフェア

ブライダルフェアの無料試食の量や参加時の注意点【実際に行ってきた感想】

投稿日:2018年2月1日 更新日:


ブライダルフェアには、魅力的な試食が特典で付いたフェアが開催されていたりします。

最近では、デート感覚で高級食材を使用した試食目当てで参加するカップルが増えています。
無料で美味しいものが食べられるのだとしたら、参加しない手はないですよね。

そもそも、結婚式を挙げる際に、料理はとても大事な物の一つです。
式に参加する友人にとって、楽しみにしている事の一つに料理がありますね。
そういった意味では、友人に美味しい料理を提供する為にも、料理の味で会場を選んだりする事はとても大切な事です。

しかし、無料だから量は少なそうだし、勧誘…というか営業がすごそう。
などのイメージがあったりもしますよね。

そこで今回は、私が実際にブライダルフェアに何度も参加した経験を活かし、

・ブライダルフェアの無料試食の量
・ブライダルフェアへの参加時の注意点
・ブライダルフェアに実際に行ってきた感想

などについてお伝えしていきます。

ブライダルフェアの無料試食の量ってどのぐらい?

ブライダルフェアの試食の量は、会場によって全く異なります。

ワンプレートだけ出る会場もあれば、フルコースを無料で食べられる会場もあります。

そこは、事前に会場の試食内容を確認して、電話などで聞いておくといいですね。

基本的には、3種類に分かれています。

  • ワンプレート
  • フルコース
  • ハーフコース

それぞれ詳しくみていきましょう。

ワンプレート

前菜、メイン料理(肉、魚など)、デザートが少量ずつ1つのプレートに盛り付けられたもの
また、お肉やお魚のみ、デザートのみである場合もあります。

フルコース

フルコースの場合は有料である事が多いですが、会場によっては無料で試食が出来る場所もあります。

フルコースの一例としては、以下のようなコースが試食出来ます。

・前菜
・スープ
・パン
・魚料理
・ソルベ(お口直し)
・肉料理
・デザート
・果物
・コーヒーor紅茶

通常であれば、1万円以上出して食べるフルコース料理が、試食で無料で味わえます。

ハーフコース

フルコースより品数が減り、前菜・肉や魚などのメイン料理・デザートなどのおすすめ料理が食べられます。
それでも十分に満足出来る量が食べられるコースです。

基本的に、料理重視で会場を選ぶ際は、少なくともハーフコースは食べておきたい所ですね。

では次に、ブライダルフェアの試食会に参加する際の注意点を見ていきましょう。

ブライダルフェアへの参加時の3つの注意点

事前に食事内容をチェック

前述しました通り、食事内容や量を事前にしっかりと把握しておくことが大事です。

節約する為にランチ代を浮かせようとお考えの場合は、しっかりと食べられる内容になっているかどうかを電話等して確認しておきましょう。

所要時間の確認

試食だけ食べて、それでは解散!という訳ではありません。
もちろん、目的は結婚式を挙げる事なので、式場の案内や見積もりの作成なども考慮しておかないといけません。

サイトでは、所要時間が2~3時間と書いてあったとしても、経験上4時間以上掛かることはザラにあります。
その後の予定なども組んでいる方は、事前に

「◯時から予定が入っているので、◯時までにはここを出たいです。」

との旨を伝えておきましょう。
とは言っても、話が盛り上がってしまうとなかなか抜け出せないので、時間が迫ってきていたらこちらから帰りたいですと申し出ましょう。

また、会場自体を本人達が気に入っていなかったら、プランナーさんも会場を無理に勧める理由がありません。

「会場を気に入って貰えているから」

という前提があって、プランナーさんも、見積もりなどをさらに安く!
と努力してくれます。

ですので、もし本当に会場のイメージが合わなかったりしたら、正直に

「会場のイメージがちょっと違ったので」

と申し出ましょう。
そうすれば、長丁場になる事はありません。

初めてのブライダルフェアの参加の場合、当日にいきなり決めない!

ここが大事です。
なぜなら、ウェディングプランナーさんの営業力によっては、初めてブライダルフェアに行って、その日に挙式を決定してしまうパターンが非常に多いからです。

しかも、デート感覚で試食目当てで行ったとしても、です。
これがあるからこそ、豪華な試食も無料で提供出来るんです。

「いやいや、まだ式を挙げる予定も全く立ってないし絶対に大丈夫。」

という気持ちがあっても、プランナーさんは本当に話が上手です(笑)
押しの弱い方は本当に気を付けて下さい。

もちろん、結婚式を挙げる気満々で行って、もうここが絶対にいい!
とお互いが同じ気持ちであるなら、それはそれでここの会場にしてもいいとは思います。

しかし、他の会場のブライダルフェアにも念の為に参加してみたら、

「やっぱりこっちの会場の方が良い!」

となる事もありますし、結婚式費用ももしかしたらもっと抑えられていたかもしれないのです。

もちろん、挙式見学が初めての方には、安くなる特典が通常以上に付いているので、とても安く挙げられるのは事実なのですが、最初に見せて貰った見積もり書の内容は、大抵最安値です。
ここから、ほとんどの場合値段が上がります。

結婚式、妥協はしたくないですもんね?
ですので、最初の見積もり書を見て

「安い!会場も魅力的だしここに決めた!」

という理由なら、この安いという理由を除いても、本当にここの挙式会場でいいかどうかをよく考えて下さい。
安いというだけなら、どこの会場さんも交渉次第ではかなりの額を割り引いてくれます。(経験上ほとんどの会場にて)

また、もし挙式を決定した後にキャンセルした場合、例え翌日にキャンセルを申し出ても、最初に払った頭金の半額分は最低でも支払うハメになるので、会場は慎重に決めていきましょう。


ブライダルフェアに実際に行ってきた感想

実際に、いくつかの会場さんでブライダルフェアの試食会に参加してきました。

やはり会場さんによっては、量にかなりのバラツキがあります。

・デザートのみのワンプレート。
・メインのお肉のみワンプレート
・ハーフコース+デザートとケーキ
・会場内にあるレストランの全メニュー好きなもの注文OK

フルコースこそ試食した経験はありませんが、上記のようなパターンがありました。
ハーフコース+デザートとケーキを出されたら、十分にお腹いっぱいになります。
しかも、私が行った会場さんは料理に自信がある会場さんだったので、めちゃめちゃ美味しかったです。

料理だけで会場を決めようと思いましたが、挙式会場がイメージと違ったので、見送らせて頂きました。

また、会場内にあるレストランの全メニュー注文OKというパターンは、一見良さそうにも見えますが、実際はハーフコースの方が予算的には掛かっています。
さらには、レストランの方より、式場専属のシェフが作るハーフコースなどの料理の方が、正直全然美味しいです。

ですので、試食会に参加する際は、やはりハーフコース、もしくはフルコースが一番おすすめですね^_^

また、極限状態にお腹を空かせた状態では行かない方がいいです。
会場に着いてすぐに試食を食べれる訳ではなく、やはり会場内の案内などが先にあるパターンがほとんどで、試食はブライダルフェアを予約した時間の1時間~2時間後と思っておきましょう。

こんな感じで、オマール海老や国産和牛のステーキ。

おすすめのデザートなどが出ます。

実際に、ブライダルフェアを予約するなら、試食も食べれて、さらに商品券も貰えるサイトがおすすめです。
私は、以下の2サイトで予約しました。

最大33,000円分の商品券が貰えるハナユメ
最大35,000円分の商品券が貰えるマイナビウェディング

まとめ

・ブライダルフェアの無料試食は会場によって量が全然違うので、事前に内容を確認しておく
・おすすめはハーフコースorフルコース
・プランナーさんの営業力・トーク力はすごいので、自分の意思をしっかりと!
・事前に、「◯時に出たい」と伝えておいた方が、長時間掛からなくて済む
・初めてのフェアでは会場は決めない!

  • この記事を書いた人
Shunya

Shunya

当サイトへご訪問頂き、ありがとうございますm(_ _)m 20代後半で妻と2人暮らししています。 そろそろ子猫が我が家に来るので、とても楽しみにしています。 このサイトでは、普段の悩みからお出かけ情報、雑学、商品レビューなどいろいろなジャンルの記事を書いています。 何かご質問などあれば、コメント欄やお問い合わせからお願い致します。

-ブライダルフェア
-,

Copyright© みちしらべ , 2018 All Rights Reserved.