みちしらべ

生活系、悩み系、体験記、観光スポット、雑学など様々な記事を書いています

ヒートショックプロテイン

入浴法

ヒートショックプロテインの効果を最大限活かす正しい入浴法!入浴頻度は?

投稿日:2018年3月1日 更新日:

近年、ヒートショックプロテインが美容や健康に良いと注目されています。

ダイエット効果も期待出来るといいことづくめですが、間違った入浴方法だとヒートショックプロテインの恩恵を受ける事が出来ません。

そこで今回は、

・ヒートショックプロテインの様々な効果
・ヒートショックプロテインの正しい入浴方法
・ヒートショックプロテインを生み出す入浴温度や時間は?

この辺りを重点的にお話していきます。
是非、参考にして下さいね^_^

ヒートショックプロテインのダイエット効果などがすごい!

ヒートショックプロテインとは、細胞内の傷ついたタンパク質を修復してくれる成分の事を指します。

この修復機能がある為、美容や健康に良いとされています。

ヒートショックプロテインは、もともと私達の身体の中にも存在しています。
しかし、年齢にともなって体内のヒートショックプロテインの数は減少していってしまいます。

ヒートショックプロテインが減少してしまうと、以下のような事象が起きます。

・怪我や体調不良がなかなか治らない
・代謝が悪くなり、太りやすい身体になる

年齢を重ねると怪我などが治りづらくなってしまうのは、実はヒートショックプロテインの減少が深く関係していたんですね。

では、ヒートショックプロテインが増えると逆にどのような効果が期待出来るのでしょうか。

自然治癒力アップ!

「若いから自然治癒力が高いね!」

よく、こんな言葉を聞いたりしませんか?

この自然治癒力は、ヒートショックプロテインを増やす事で、蘇らせる事が出来ます。

前述したように、ヒートショックプロテインは細胞を修復してくれる働きがあります。

ですので、転んで付いたかすり傷などの怪我の回復を促してくれる事はもちろん、乾燥などによる肌のダメージなども抑制してくれます。

ガンなどの病気を予防

ヒートショックプロテイン入浴法を行うと、血行やリンパの流れが良くなります。

リンパの流れが良くなる事によって、リンパ球が増え、体内に入り込んだ細菌などをやっつけてくれます。
これにより免疫力もアップするので、風邪なども引きづらい身体になります。

このように、細菌を攻撃してくれるリンパ球にはいくつか種類があるのですが、その中に、がん細胞やウイルス感染細胞などを見つけ次第攻撃してくれる、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)というリンパ球があります。

ヒートショックプロテインには、そんな最強のリンパ球、NK細胞を活性化させる働きがあるんです。

NK細胞の活性化は、がん予防に非常に有効だとの研究結果があると言われています。

ダイエット効果もあり!

ヒートショックプロテインが増えると、基礎代謝量がアップします。

「痩せやすい身体にするには、代謝を上げる事が大切!」

と聞いた事はありませんか?

そもそも基礎代謝とは、安静時に消費されるエネルギー代謝のことを言います。

簡単に言うと、運動中でなくても、じっとしながらでもエネルギー消費してくれるものです。

ですので、代謝を上げて痩せやすい身体になれば、ダイエットにも繋がってきます。

食事制限や筋トレと併用すれば、かなりのダイエット効果が期待出来ますよ^_^

また、代謝が上がると冷え性予防などにも効果的です。

いつでも元気な身体に!

ヒートショックプロテインには、乳酸の産生を遅らせる働きがあります。

連続した運動、筋トレなどをした時に、

「乳酸が溜まってきたー!!」

となった事はありませんか?

乳酸とは、筋肉を稼働させる事によって必ず発生する、疲れを感じさせる物質です。
乳酸は余分ないらないものなので、いずれは血液によって回収されてなくなります。

乳酸は、どんどん溜まっていってしまうものなので、蓄積し過ぎると疲れやすい身体になります。

しかし、身体が温まると血流も良くなるので、乳酸が回収されやすい身体になり、疲れにくい身体になるんです。

ヒートショックプロテインの効果まとめ

・肌にツヤが出る
・免疫力アップで病気予防
・ガン予防
・代謝アップで痩せやすく!
・冷え性予防
・乳酸の発生を遅らせ、疲れにくい身体に!

これだけの効果が期待出来ます。

ヒートショックプロテインの正しい入浴方法

では、手順に沿って、ヒートショックプロテインを増やす正しい入浴方法を見ていきましょう。

①入浴前に体温を測定する

ヒートショックプロテインは、体温が38℃を越えたあたりから増えてくると言われています。

測定方法は、脇に挟む体温計ではなく舌下用体温計を使用しましょう。
入浴前と、入浴中の2回測定します。

日本人の平均体温は36.5℃程と言われていますが、平熱が低い人もいるので例えば平熱が35.5℃の方なら、+1.5℃で体温が37℃になるように湯船の温度を調整しましょう。

②入浴前に水分補給をする。

かなりの汗をかき、脱水症状を起こす危険性もあるので、しっかりと水分補給しておきましょう。

③湯船に入浴剤を入れる。

人間の肌は弱酸性ですが、水道水が中性である為、お肌にはあまり良くありません。

そこで、入浴剤を入れる事によって肌への刺激が弱まり、乾燥なども防いでくれるので、入浴剤を使用していきましょう。

④湯船に浸かる前に身体を洗う。

湯船に浸かる事で、肌の角質のセラミドが剥がれてしまうので、入浴後に洗うと肌が乾燥してしまいます。
身体を洗う際は、全身浴する前に洗いましょう。

実際は、全身浴すれば身体のほとんどの汚れが落ちるので、入浴前に脇や局部、首周りなどを軽く洗う程度でも問題ありません。

⑤40~42℃のお湯に浸かる。

ヒートショックプロテインを増やす為の目安の温度があります。
以下をご覧下さい。

40℃…20分

41℃…15分

42℃…10分

お湯の温度はすぐに低くなってしまうので、追い焚き機能などを使用しこの温度を保ちましょう。

⑥舌下用体温計で体温を測定する。

入浴中、自分の体温をチェックしておきましょう。

この時、体温が自分の平熱+1.5℃になっていたら、現在の湯船の温度が適温となります。

もし体温が思うように上がっていなかったら、湯温を調整し、体温が+1.5℃になるようにしてみましょう。

⑦入浴後はすぐさま身体の保湿を

熱いお湯に浸かっていた為、身体の皮脂は必要以上に落ちています
その為、肌が乾燥しやすくなっているので、化粧水や乳液、ボディクリームなどでしっかりと保湿してあげましょう。

また、身体の内側からも潤してあげる為に、コップ1杯の水を飲んで水分補給もしっかりとしましょう。

⑧入浴後は身体を15分間保温

入浴後、ヒートショックプロテインが増える状態を維持する為に身体を保温します。
ここで身体を冷やしてしまうと、ヒートショックプロテインを増やしやすい状況を作った意味がなくなってしまいます。

入浴後は身体がポカポカ状態になり薄着になりがちですが、しっかりとタオルで全身を拭いてパジャマに着替え、その上からタオルなどで覆って、15分間身体を保温させましょう。

保温させている間は、髪はドライヤーで乾かしてしまいましょう。


スポンサーリンク

ヒートショックプロテインの入浴頻度は?

ヒートショックプロテイン入浴を毎日やるとなると、なかなか継続出来ない人は多いかと思います。

しかし、このヒートショックプロテイン入浴では、大体人間が必要とするヒートショックプロテインの量の3、4日分は確保出来ます。

ですので、ヒートショックプロテイン入浴法は、週に2回程度行うだけで健康的な身体を保つ事が出来ます。

また、ヒートショックプロテイン入浴法を永続的に続けてしまうと、身体に耐性が出来て、ヒートショックプロテイン入浴の効果がだんだんと薄れてしまいます。

これは、舌下用体温計で毎回しっかりと測定していると異変に気付くのですが、耐性が出来ると体温が上がりづらくなります。

そうなってきた場合は、ヒートショックプロテイン入浴法を一旦ストップさせましょう。
2週間程度間隔を空けた後、また再開すれば効果を実感出来るはずです。

そういった意味でも、多少めんどくささはありますが、毎回入浴中は体温を測定するようにしましょう。

専用の体温計を購入して洗面所に常備しておけば、そこまで手間はかからずいいですね。

まとめ

ヒートショックプロテインは、

・肌にツヤが出る
・免疫力アップで病気予防
・ガン予防
・代謝アップで痩せやすく!
・冷え性予防
・乳酸の発生を遅らせ、疲れにくい身体に!
・舌下用体温計が必要
・湯船には入浴剤を!
・体温が+1.5℃になるように!
・水分補給はしっかりと!
・入浴後の身体の保温も忘れずに!

  • この記事を書いた人
Shunya

Shunya

20代ぎりぎり半ばです。結婚しています。3年程前から副業としてブログ書いてます。色んなジャンルの記事を書いていますが、共通する事は“誰かの為に”なる記事を書く事です。

-入浴法
-,

Copyright© みちしらべ , 2018 All Rights Reserved.