みちしらべ

生活系、悩み系、体験記、観光スポット、雑学など様々な記事を書いています

観光スポット

沖縄で桜は咲くの?咲く種類や沖縄の花見穴場スポットご紹介

投稿日:

沖縄って、桜咲いてたっけ?

以前、春頃に旅行に行った時に桜があった印象がなかった筆者は、いろいろと調べてみました。

年中穏やかな気候である沖縄では、本土と比べると草花や植林にも違いがありますね。
そこで、桜にも違いがあるのかどうかまとめてみました。

今回は、

・沖縄には桜が咲いているのか
・沖縄の桜の種類
・沖縄での花見穴場スポット

などなど、お伝えしていきます。
沖縄に旅行に行かれる方も、是非参考にして下さい。

スポンサーリンク

沖縄には桜が咲いているのか

本土の人にとって(個人的主観ですが...)あんまり桜のイメージがない沖縄。

桜と言えば、皆さんどの種類の桜を思い浮かべますか?

恐らく、「ソメイヨシノ」ですよね。

ソメイヨシノと言えば、白っぽい花びらに薄いピンクのグラデーションが掛かった感じで、ピンク色はそこまで強くありません。

ソメイヨシノ=桜

という人がほとんどの中で、実は沖縄の人はそんなイメージは持っていません。

沖縄にもソメイヨシノの木は生えているのですが、沖縄の一年中穏やかな気候では、ソメイヨシノの花が咲くことが出来ないのです。
それはなぜなのでしょう。

実は、ソメイヨシノが花びらを咲かせるには、ただ暖かいだけでなく、寒さも必要なんです。
桜は、この寒さがないとずっと休眠したままなのですが、平均5℃前後の低い気温が一定期間続き、暖かくなってくると眠りから目覚めます。

これを「休眠打破」と言いますが、この寒さのおかげで目覚める訳なので、一年中穏やかな気候にさらされた沖縄のソメイヨシノは、ずっと眠りについたままで花びらを咲かせる事はないのです。

なんか悲しいですよね。
花びらを咲かせる事なく、ずっと枯れたまま生きているソメイヨシノの木...

いつか、ソメイヨシノの開花を見てみたいものです。
でも12月でもなんとか海に入れちゃうぐらい暖かいのが、沖縄の魅力なんですけどね~^_^

じゃあ逆に、沖縄に桜はないの!?
と思っちゃいますが、ちゃんと桜はあります。

では、どんな種類の桜なのでしょう。

沖縄の桜の種類は?

沖縄に咲く桜は、寒緋桜(カンヒザクラ)と言います。

別名、緋寒桜(ヒカンザクラ)とも呼びますが、これだと彼岸桜(ヒガンザクラ)と間違われやすい為、主に寒緋桜(カンヒザクラ)と呼ぶそうです。

特徴として、ソメイヨシノよりもピンク色が強く、本土にも咲く梅の花や、伊豆の河津桜のような鮮やかなピンクが印象的です。

日本で一番早く咲く桜としても有名で、毎年1月の中旬から2月までが見頃になっています。
本土では桜どころか大雪が降る季節ですから、そう考えるとすごいですね。

でも、伊豆の河津桜も2月から3月に掛けて咲くので、ちょっと早めに桜を見たいなら、伊豆に足を運べば綺麗な河津桜が見られますよ^_^

ただ、寒緋桜は一つ残念な点があります。
それは、、、

日本の心、“桜吹雪”が見れない所!!

あの、儚く散る花吹雪と共に、夜桜おつまみにしてお酒をすすりながら談笑する事は出来ません。
悲しきかな。

寒緋桜は、花びらでなく、つぼみごとボトっと落ちます。

しかし、桜吹雪が見れずとも、沖縄ならではの楽しみ方はたくさんあります。
ヤシの木と桜のコラボなんてのも、沖縄だけでしか撮れない写真なのではないでしょうか。

色合い的にはハイビスカスを連想してしまいそうで、南国気分を味わえます。

スポンサーリンク

沖縄の桜が見れるお花見穴場スポット3選

本部八重岳(もとぶやえだけ)桜まつり

日本一早く桜が見れる祭りとして有名な桜まつり。

7000本もの桜が道路に向かってアーチ状に生えており、まるで桜のトンネルを通っているかのような感覚に陥ります。

車に乗りながら山頂付近まで行けるので、お花見ドライブに最適ですね。
場所は、那覇から向かうと名護よりもちょっと奥地にあります。

【開催時期】
1月下旬~2月上旬頃まで

【住所】
沖縄県国頭郡本部町並里921
八重岳桜の森公園

名護さくら祭り

名護中央公園などで、全長2kmに渡った遊歩道に咲き誇る寒緋桜。

公園の丘の上の展望台からは、沖縄の海も一望出来るのでデートにも最適。

【開催時期】
1月下旬頃

【住所】
沖縄県名護市城2丁目4 周辺

今帰仁グスク桜まつり

世界遺産にも認定されている、今帰仁城跡(なきじんじょうあと)にて開催される桜まつり。

ここでは夜桜のライトアップが見れ、城壁のライトアップとろうそくの灯りで幻想的なムードに包まれます。

また、特設ステージでは地元の伝統芸なども見れるので、お花見以外でも楽しめそうですね^_^

【開催時期】
1月下旬~2月上旬頃まで

【点灯時間】
18時~21時 ※最終入場は20時30分まで

【住所】
今帰仁城跡管理事務所(グスク交流センター内)
沖縄県国頭郡今帰仁村字今泊5101番地

まとめ

・沖縄ではソメイヨシノは咲かない
・ソメイヨシノが咲くには一定の寒さ(5℃以下)が必要
・沖縄の桜は寒緋桜(カンヒザクラ)
・寒緋桜は花びらではなくつぼみごと散る
・沖縄にもお花見スポットはたくさんある

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

Shunya

20代ぎりぎり半ばです。結婚しています。3年程前から副業としてブログ書いてます。色んなジャンルの記事を書いていますが、共通する事は“誰かの為に”なる記事を書く事です。

-, 観光スポット
-,

Copyright© みちしらべ , 2018 All Rights Reserved.