みちしらべ

生活系、悩み系、体験記、観光スポット、雑学など様々な記事を書いています

観光スポット

桜の種類と開花期、特徴一覧!おすすめ品種6選と穴場スポット

投稿日:

だんだんと暖かくなり、桜の季節になりましたね。

私も桜大好きで、毎年お花見するのが楽しみです。
(お酒は飲まないで、純粋に見てます笑)

桜は見る人の心を癒やしてくれますよね。
そんな桜ですが、実は分類によっては全部で600種類以上もの品種が存在すると言われています。

しかし、この種類数を全てご紹介する訳にもいかないので、...
今回は、おすすめの6品種についての開花期や特徴、全国各地で有名な穴場スポットなどを写真付きでお伝えしていきます。

お花見行く時の参考にして下さいm(_ _)m

スポンサーリンク

桜の種類一覧6選!【開花期・特徴・樹齢・樹高】

染井吉野(ソメイヨシノ)

全国的に最も有名なソメイヨシノ。

実はソメイヨシノは、エドヒガンとオオシマザクラの雑種が交雑して生まれた桜の中から、特徴的な1本を選び抜き、接ぎ木で増やしていったクローンなのです。

選りすぐりのエリートだったという訳なんですねΣ(゚Д゚)

また、「ソメイヨシノ」という名前は、明治初期に桜の名所として有名だった奈良県吉野山から「吉野」という名で呼ばれていましたが、山桜の多い吉野の桜と混同しないよう差別化する為に、1900年に地名の「染井」を取って「ソメイヨシノ」に改名したそうです。

開花期:3月上旬〜4月下旬
特徴:満開時は白を基調とした薄いピンク色の花を咲かす。
樹齢:60年~100年
樹高:10~15m

おすすめスポット

日本一の巨木と言われているソメイヨシノが、宮城県の柴田町にあります。
ここは日本の桜名所100選にも選ばれており、全長8㎞に渡って咲き誇る「白石川堤の一目千本桜」の迫力は圧巻です。

また、青森県の弘前公園ではソメイヨシノを中心とした50種類、2600本もの桜が見れる弘前さくらまつりが毎年開催されています。
ここは日本一の桜の名所とも謳われており、樹齢100年を超える桜の木が300本以上もあります。
樹齢60年と言われているソメイヨシノですが、弘前には樹齢100年を超える日本最古のソメイヨシノがあります。

開花期は、青森県ですのでちょっと遅めの4月下旬~5月上旬が見頃になっています。

河津桜(カワヅザクラ)

冒頭でもご紹介しました、伊豆で有名な河津桜です。

この桜はちょっと肌寒い2月中旬頃から咲き始め、ソメイヨシノに比べて鮮やかなピンク色が特徴的です。

開花期:1月下旬~2月下旬
特徴:鮮やかなピンク色。後述するカンヒザクラとオオシマザクラの自然雑種。花期が1ヶ月程続く。
樹齢:~60年超
樹高:~5m

おすすめスポット

静岡県の賀茂郡河津町にて、毎年「伊豆河津桜まつり」が開催されます。

2月上旬~3月上旬に開催されており、2月の下旬頃には満開の河津桜を観賞する事が出来ます。

屋台も出ているので、食べ歩きをを楽しみながら見れるのはおすすめですよ^_^

枝垂れ桜(シダレザクラ)

ソメイヨシノや河津桜とはまた違った雰囲気が楽しめる、大人の桜と言った印象のシダレ桜。

夜のライトアップに照らされたシダレ桜は、ロマンチックなムードに包まれるのでデートなどにも最適。

子供の頃は、夜道でしだれ桜を見かけるとなんとなく怖いイメージを持っていましたが...
大人の桜のイメージがあるのはこれが原因かもしれません...
(あくまで個人的な感想です笑)

開花期:3月中旬~4月上旬
特徴:枝が軟らかくて長いので、枝が垂れているのが特徴。
樹齢:~1000年超
樹高:~25m

おすすめスポット

一度は行ってみたいのが、福島県三春町にある、三春滝桜(みはるたきざくら)と呼ばれる樹齢1000年超のベニシダレザクラ

毎年4月中旬~下旬に掛けてが見頃で、ライトアップも魅力的。
日本五大桜と三大夜桜に認定されており、単に滝桜とも呼ばれています。

また、東京都文京区の駒込にある「六義園(りくぎえん)」はとても有名ですね。
秋は紅葉、春は桜を見に毎年多くの観光客で賑わいます。

入園料が一般300円掛かりますが、お金払ってでも見る価値はあります。
日没~21時に開催される、「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」がおすすめです。

スポンサーリンク

寒緋桜(カンヒザクラ)

早咲きの桜として有名で、“沖縄の桜と言えば寒緋桜”という程、沖縄ではメジャーな桜です。

日本一早く桜として、沖縄では何千本もの寒緋桜を観賞出来る桜まつりが、毎年開催されます。

開花期:1月下旬〜3月上旬
特徴:花は下向きに咲き、花びらではなくつぼみごと落ちる。鮮やかなピンク。
樹齢:~50年
樹高:~5m

おすすめスポット

沖縄にある世界遺産、「今帰仁城跡(なきじんじょうあと)」にて、今帰仁(なきじん)グスク桜まつりが毎年開催されます。

日中よりも、ライトアップがおすすめで、今帰仁城のとのコラボレーションは圧巻です。

山桜(ヤマザクラ)

各地でよく見かける桜の一つであり、特徴としてわかりやすいのが葉と花が同時に咲く場合が多い品種である事。

恐らく、皆さんも見た事がある桜だと思います。

※こんな感じの桜です。↓

また、1本道でバァーっと咲き誇っている桜並木などに起こる現象ですが、こっちでは咲き誇っているのに、ちょっと歩くとまだ咲いてない桜があったりします。
これもヤマザクラの特徴であり、同一地域内でも個体によってバラツキがあります。

開花期:3~4月頃
特徴:ほとんどが葉芽(ようが)と花が同時に開く。
同一地域内でも、個体によって開花時期や花つきが違う、個体変異をしたヤマザクラが多い。
樹齢:~500年
樹高:10~30m

おすすめスポット

静岡県富士宮市にある狩宿の下馬(かりやどのげば)ザクラと呼ばれる、日本最古級のヤマザクラがあります。
1193年、源頼朝が富士の巻狩りを行った際、本陣が置かれたこの地で、源頼朝が馬から降りた場所としても有名です。

日本五大桜の一つであり、菜の花と共に綺麗な景色を観賞する事が出来ます。

江戸彼岸桜(エドヒガンザクラ)

ソメイヨシノの片親としても知られるエドヒガンザクラ。
長寿の桜としても有名であり、中には樹齢2000年とも言われるエドヒガンザクラも存在します。

開花期:3月下旬頃
特徴:名前の通り、春のお彼岸頃に咲き始める。
薄紅色から白の花を咲かす。
咲き始めは、他種よりも1週間~10日程早い。
樹齢:~2000年
樹高:15~25m

おすすめスポット

山梨県にある、山高神代桜(ヤマタカジンダイザクラ)

ここでは、日本最古・最大である樹齢2000年のエドヒガンザクラを観賞することが出来ます。
日本五大桜の一つにも数えられており、国指定天然記念物に指定されています。

まとめ

・桜は全部で600種類以上ある
・桜まつりが全国各地で開催されている
・沖縄では1月から桜が咲き始める

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

Shunya

20代ぎりぎり半ばです。結婚しています。3年程前から副業としてブログ書いてます。色んなジャンルの記事を書いていますが、共通する事は“誰かの為に”なる記事を書く事です。

-, 観光スポット
-,

Copyright© みちしらべ , 2018 All Rights Reserved.