みちしらべ

生活系、悩み系、体験記、観光スポット、雑学など様々な記事を書いています

ゲーム 商品レビュー

新型PSVR買ったが画質悪過ぎ&酔いがひどいので1日で売った話

投稿日:

今回、ずっとプレイしてみたいと思っていた新型PlayStation VR(CUH-ZVR2)を購入しました。

2018年3月29日に、VRは1万円安くなり34,980円+税に価格改定されたので、そのタイミングで買おうと思っていたのですが、今回公式のスペシャルセール、「Days of Play」でなんとPS VRとモーションコントローラー2個のセットで36,980円+税で超お得だったのでこのタイミングで購入しました。

モーションコントローラー1個で5,000円ぐらいなので、普通に買うより8,000円ぐらいお得でした。

て事で、早速プレイしてみたのですが...

とりあえず、1日プレイして期待外れだったので売りました。

今回は、

  • 新型PS VRの開封レビュー
  • 新型PS VRの画質悪すぎな件
  • 1日で売ったいくつかの理由

この辺りについてご紹介していきます。

新型PS VRの開封レビュー

新型PS VR(CUH-ZVR2)の開封をしていきます。
PS VR

まず、蓋を開けるとモーションコントローラーが2つ入っています。
PS VR

カラオケのマイクみたいですね。

他、ケーブル類の入った箱があり、その下にVR本体が入っています。
PS VR

本体の見た目はこんな感じ。

PS VR

見た目にそそられる

見た目がかっこいいですよね。

PS VR

この穴は何かと思いきや…

PS VR

イヤホンを差し込む穴でした。

PS VR

このダイヤルで締め付け具合を調整。

PS VR

締め付け過ぎたら、このボタンですぐに解放!

他にもVRっていくつかの商品があるんです。

オキュラスGOとか、Mirage Soloとか・・

それよりも、見た目のデザイン性で言えばPS VRが一番かっこよさでは秀でているのかなと思います。

新型PS VRの画質悪すぎな件

で、早速付けてみて、いくつか体験版をインストールしてプレイしてみました。

THE PLAYROOM VR

https://store.playstation.com/ja-jp/product/IP9100-CUSA04318_00-JP00000000000000

最初にプレイしたソフト。
とりあえず最初に感じた事は素直に「すげー!!」と同時に、「んん、意外に画質悪いな...」でした。

だって、PS4を普段からやっている人って、あの高画質にめちゃめちゃ慣れているじゃないですか。

その慣れからプレイすると、そりゃ画質悪い...となる訳です。

大鷲のトリコ

https://www.jp.playstation.com/games/trico-vr-demo-ps4/

また、人気作品として神ゲーと謳われた良作「大鷲のトリコ」の体験版をプレイしましたが、とにかく近寄ってくるこの生き物が気持ち悪い。

ゲームとしても、意味が良くわからないのでソッコープレイ終了。

anywhereVR

https://www.jp.playstation.com/games/anywhere-vr-ps4/

また、景色が楽しめるやつもプレイしてみたかったので、海の景色が見れる体験版ソフトをダウンロードしました。

リラクゼーションVRというジャンルという事で、この映像を見てリラックスした気分になれるかと思いきや、画質の悪さにショックを受け、すぐにプレイ終了。

うーん、なんというか体験版なのだけど、どのソフトも期待外れ感が半端ない...。

ちなみに妻はあまりPS4自体プレイしないので、そこまで画質が悪いとは感じなかったようです。

スポンサーリンク

PS VRを1日で売ったいくつかの理由

実は、画質が悪いという理由だけで売った訳ではありません。

画質が悪い件については、

  • PS4 proでプレイしていなかった
  • 4Kテレビではなかった

この2点が起因となっていたようなので、仕方がないと言えば仕方がなかったのです。

しかしながら、画質が向上するのはあくまでVRでproに対応しているソフトのみ。

VR専用ソフトの中でも、対応タイトルはごくわずかですので、全てのソフトの画質が向上するわけではないとの事で...。

しかも、調べた所、PS4本体をproにした所で、画質の差は微々たるものだとの声も多かったので、あまり変わらないようです。

また、PS VRは新型になった事で、VR本体から伸びているケーブル類がまとめられてスッキリしたとの事で、よりゲームへの没入感が増したと言う事でしたが、実際の目には角に黒い淵が見えてしまっている感じ。
完全な“映像のみ”が見える訳ではなく、見えなくていい余白の部分が見えてしまっています。

上下の角に黒い部分があるので、没入感はあまり感じられず。

まぁこれだけなら別に売らなかったかもしれません。

では、なぜ売ったのか。

PS VRすると酔いがひどい

この部分に関しては人によりけりですが、PS VRをプレイすると酔いがやばいです。

とにかく、三半規管が弱い、酔いやすいという方はほぼ間違いなく酔います

私、今までで以下のアトラクション等がダメでした。

  • USJのハリーポッターの乗り物(ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー)
  • ディズニーシーのインディ・ジョーンズ
  • ジョイポリスのワイルド◯◯シリーズ
  • ジョイポリスのトランスフォーマーのぐるぐる回る乗り物
  • 映画館での4DX

上記の乗り物、全部気持ち悪くなりました。

そりゃ、PS VRも一瞬で酔うわ!
という感じです。

ちなみに妻は上記の乗り物全て大丈夫なのですが、それでも一瞬で「あ、あたしこれダメだ!」って一瞬で酔ってました。

確かに、これは普段酔わない人でもすぐに酔うので、恐らく酔いが気にならない方は少数派だと感じます。

実際に、メルカリなどでも「1、2回プレイして酔いがひどいので売ります。」という出品が多数あったのがそれを物語っていました。

もちろん、ソフトにもよるのですが、私達がプレイしたのはバイオハザード7

これ、最初っからイージーモードでプレイしたのですが、最初の館に辿り着く前の森林を歩いている段階でやめました。
プレイ時間はたったの5分。

この気持ち悪い感覚が、もうずーっと(私の場合は2時間ぐらい)続いたので、あーもうこれダメだわって事でソッコー売りました。

VRはゲームではなく映画向け?

VRは映画を見るべし!

という記事をいくつも見かけます。

PS VRでは、映画などの映像を見る際に、VR対応の映像でなくても通常の映画を見る事が出来ます。

VRにはシネマティックモードという機能が存在しており、以下の画像のように3つのタイプで画面を見る事が出来るようになります。

まるで、気分は映画館の中にいるような感覚なのだそうで、早速私もAmazon primeでプライム・ビデオを視聴しましたが、

「まぁ、別に普通にテレビで見ればいいかな。」

という感覚でした。

というのも、やはり一番の理由は画質です。

画質がめっきり悪くなってしまうので、普通にブルーレイで妻と2人で見た方がいいかなという印象。

よって、PlayStation VRを持っているメリットが1つも見出だせなくなってしまったので、1日で売るという決断に至りました。

さいごに

PlayStation VRを楽しんでいる人からしたら、気分の悪い記事になってしまったかもしれませんが、なんせ期待値が高かっただけに、個人的にはかなりがっかりしたんです。

ネット上では、「今日から、PlayStation VR買う為にVR貯金するぞ!」と意気込んで、毎日500円貯金をしている人もいました。

そういう方が、自分のような価値観と体質の持ち主だとしたら、買って手にした時に相当なショックを受けると思います。

そんな人の為にも、辛口記事が1つでもあって、「あぁ、今のVR技術ではこんなものなのか。」と、手に入れる前に現実を受け止めて欲しいという意味も込めました。

しかし、「VR楽しいよ!」という声があるのも事実。
体質的に合ってる人は必ずいるので、VRを楽しめる人は本当に楽しんでいると思います。

酔いとかも、酔い止めを飲んで対策打っている人もいるそうなので(笑)

では、この辺で!

  • この記事を書いた人
Shunya

Shunya

20代ぎりぎり半ばです。結婚しています。3年程前から副業としてブログ書いてます。色んなジャンルの記事を書いていますが、共通する事は“誰かの為に”なる記事を書く事です。

-ゲーム, 商品レビュー
-,

Copyright© みちしらべ , 2018 All Rights Reserved.