みちしらべ

生活系、悩み系、体験記、観光スポット、雑学など様々な記事を書いています

河津桜

伊豆

河津桜まつりの開花時期は?アクセス方法や混雑情報【体験談】

投稿日:2015年12月23日 更新日:

東伊豆の河津川沿いにて
本州の中でも早咲きの桜を楽しむことが出来る
「河津桜まつり」が開かれており、
毎年、多くの観光客を集めています。

実際の開花時期と、現地までのアクセス方法や駐車場、
実際にどのぐらい混んでいるかをまとめましたので
是非、ご参考になさって下さい。

河津桜の開花時期はいつ?

例年通りでいくと、毎年
1月下旬~2月上旬にかけてが
河津桜の開花時期(咲き始める時期)となっています。

ここで見られる桜は、
代表的なソメイヨシノとは違い花が大きく濃いピンク色なのが特徴的です。

9acd87c7197e7988714bf0a6d3d55491_s
↑ソメイヨシノ

253fab58f44360e470f83921b97d2647_s
↑河津桜

また、河津桜は見頃時期が
1ヶ月と長く続きます。

その為に、「河津桜まつり」
開催期間は、毎年
2月上旬~3月上旬の1ヶ月間行われます。

過去5年間の開催時期を見てみましょう。

2014年…2/5~3/5
2015年…2/10~3/10
2016年…2/10~3/10
2017年…2/10~3/10
2018年…2/10~3/10

ですので、満開時期としては2月下旬~3月上旬が最も見頃となります。

私たちが毎年、日常的に見ている桜であるソメイヨシノですが、実は、全国にあるほとんどのソメイヨシノが人間の手で作られたものなんです。

“作られた”というと語弊がありますが、実際は、2個以上の植物体を接着して1つの個体にしているんです。

いわゆる、接ぎ木で増やされたものなんです。

しかし、河津桜は自然が作ったもの。
濃い綺麗なピンク色も自然が織り成した芸術なんですね。

だからこそ、根強い人気があって毎年多くの観光客が訪れるのかもしれません。

ちなみに、最近の暖冬などの影響により開花時期にズレが生じる場合もあります
正式な情報は、公式ホームページにて確認しましょう。

公式ホームページ
伊豆 河津桜まつり情報局

河津桜まつりまでのアクセス方法は?

車でお越しの場合

車でお越しの方にとっては、
駐車場がどのぐらい停められるか。
渋滞の発生ポイントは?
などが気になる点かと思います。

公共の駐車場ですが、
10ヶ所以上用意されていますが、
駅前会場までは700m強
距離になっています。

ただし、桜を見る分には問題なく見れますので
ご安心下さい。

ただ、駐車場もスペースに限りがありますので
土日などの混むことが懸念される日には
“駐車場からの車の出待ち”
しなければならない可能性も十分にあります。

また、駐車場に入るだけでも
かなり待たされることが懸念される為、
当日は駐車場が利用出来る
朝8:30の時間に合わせていきたいですね。

もちろん、朝早くから行けば
一番近い駐車場にも停められますので
是非、早い時間から行くことをおすすめします。

駐車場に関しましては、
こちらの公式ホームページに掲載されていた
地図をご覧下さい。

河津桜まつりお花見MAP

掲載元:http://www.kawazu-onsen.sakura.ne.jp/images/26ohanami.pdf

上記の地図を見て、駐車場を参考にして下さい。

近くの駐車場が空いていなかったからと言って
そこで出待ちしていると、
他の駐車場が空いているのに
どんどん他の方に取られてしまう可能性もあります。

他の駐車場を探す為には事前に
この地図をチェックしておきましょう。

また、下記のページでより詳しい駐車場情報を載せているので参考にして下さい。

【関連記事】

河津桜まつり駐車場情報まとめ|渋滞や混雑を回避するには?

また、渋滞を避けるポイントですが、熱海付近に来たら、熱海峠ICから伊豆スカイラインを利用すると比較的渋滞を避けて走行する事が出来るかと思います。

また、河津桜まつり開催期間である、2月10日~3月10日の間は伊豆スカイライン通行料金割引キャンペーンをやっているので、普通車が通常1,000円程の所、300円割引の約700円で利用する事が出来るので少しお得です。

電車でお越しの場合

電車の場合は、伊豆高原駅にて割引往復切符を販売しているので、そこから河津駅まで電車で向かいましょう。
片道30分程度で着きます。

お車で来た場合でも、伊豆高原駅には大型駐車場があるので、そこに車を停めて電車で行くことも可能です。

河津桜まつりの混雑状況は?【体験談】

約4kmに渡って川沿いに咲き誇る河津桜。
4kmもありますから、もちろん集中的に混雑している所と、そうでもない所にきっぱりと分かれていました。

まずこちらの地図をご覧下さい。
河津桜まつりお花見MAP

※過去の地図画像ですが、今年2018年のものより見やすかったので掲載しています。
今年2018年の地図画像は以下をご覧下さい。
河津桜お花見マップ2018

地図左側に位置する河津駅付近には、屋台も立ち並び人で溢れかえっていました。
この付近の川沿いはもう人がいっぱいで大混雑...
車の移動もかなり大変でしたし、この辺りの駐車場はどこも満車状態でした。

ですから、私が目を付けたのは地図右側にある“河津いでゆ橋”付近。
こちらなら、電車で来た方達とは巡りあうこともなく、混雑をなるべく避けて見れるかと思いきや...

意外とこちらも人でいっぱいでした(笑)
しょうがないのでさらに先へ。
もうその先に進むと、河津桜の木々がだんだんと少なくなってきてしまいます。

しかし、それが逆に正解でした♪
もうこっちまで来ればだいぶ人が少なくなっていましたよ^^


“峰子橋(みねこばし)”という橋から、右を見れば河津桜が。

左を見れば、寂しげに河津桜がちょこっとだけ。

でも、実はこの左に道を進んでいくと、ひそかに河津桜が何本か咲いていたので、混雑を避けたい方は左のルートで行ってみて下さいね♪
そんな中、桜のアーチもくぐって写真も取り放題♪

ちなみに歩いて行くと、河津桜はだんだんなくなってしまいますが^^;

こちらの道には、河津桜と菜の花も楽しめます♪
近くを流れる川も大きな音を立てていて、自然の音も一緒に楽しめますよ^^

おすすめの河津桜

私は河津桜の生誕のきっかけの1本である
“河津桜の原木”が気になっていたのですが...
それを上回る河津桜がありました!

それがこちら...


もう、言葉に表せないぐらいの迫力!大きさ!
と、目がかすみそうになるぐらいのピンク色!
枝が地面に触るぐらいにまで成長しています。

こちらは“かじやの桜”と言って、河津桜観光協会の目の前にある河津桜です。

本当に綺麗ですので、現地へいらした際は絶対に見たほうがいいですよ~♪
※ちなみに、河津桜の原木はここから徒歩で10分ぐらいの所にあります^^

あと、河津桜まつりとしての河津桜ではないと思いますが、遠くにこんな光景が...

車を走らせていたら発見したんですが、思わず止まって写真をパシャリ(笑)
是非、いらした際は見つけてみて下さい~♪

まとめ

河津桜を見たことがない方は、
是非、この機会に見に行ってみて下さい。

普段見る桜とは違った魅力があって
とても楽しめるかと思います。

また、桜好きな方にとっても
早い時期から見れるのは
嬉しい
ものですよね。

今回、ご紹介した情報を参考にし
うまく混雑をかわして
楽しんで来てください(^^)

  • この記事を書いた人
Shunya

Shunya

20代ぎりぎり半ばです。結婚しています。3年程前から副業としてブログ書いてます。色んなジャンルの記事を書いていますが、共通する事は“誰かの為に”なる記事を書く事です。

-伊豆,
-,

Copyright© みちしらべ , 2018 All Rights Reserved.